GⅠレースごとに予想する!

GⅠレースの競馬予想

GⅠレースの目次

桜花賞

国営競馬5大クラシックレースのひとつ桜花賞は、阪神競馬場の芝1800mで争われます。
サラ系3歳(現4歳)の牝馬だけのレースで、まだ精神的に未熟な馬齢から、波乱が多めです。

しかし2007年、狭かったスタート地点が広い向正面に変更されました。
ここ2年は堅実な人気馬が勝利しています。

出走枠18頭のうち最大8頭は優先枠からの出場となり、牝馬の実力が伯仲するレースです。
賞金も高く、牝馬三冠をねらう実力馬が勢ぞろいするため非常に注目されています。
馬齢の若さがあるとはいえ、ゲートインから落ち着いている馬が勝利する可能性大です。
そのため、前走経験の中で重賞に入賞している馬が有利になってくることは必然です。

過去の成績を見ると、逃げ切りより差し馬の方が好成績を残しています。
馬場が荒れているコースは馬も走りたくないので、コース状態の見極めも重要です。
2008年に外国産馬の出走枠が7頭に拡大し、2010年からは国際競争に指定されました。
そのため今後は有力な外国産馬の出走も期待され、予想は難しくなりそうです。

過去最多、桜花賞に勝利している武豊騎手には常に注目すべきと言えます。
トライアルレースは、チューリップ賞・アネモネステークス・フィリーズレビューです。
トライアル以外では、フラワーカップ、クイーンカップの出走場が絡んできています。
波乱の多かった桜花賞も、最近では実力馬が制しているので、直近の成績は最重要です。

天皇賞(春)

天皇賞は、春は京都、秋は東京で開催されるGIレースです。
春の京都は芝3200mの平坦レースで、中央競馬で最も長い距離とされています。
いわゆる「淀の坂」を2度駆け上がるコースで、スタミナ・持久力・精神力が必要です。

長距離戦のためペース配分や仕掛け方など、騎手の実力も問われるレースとなります。
サラ系4歳(現3歳)以上の牡馬牝馬外国産馬が出場する、真の最強馬を決めるレースです。
前走は、京都記念・中山記念・阪神大賞典などで、好成績をおさめた馬が絡んできます。
ここ5年連続してレースレコードを生んでおり、高速馬場の傾向が強くなっています。

秋の東京は芝2000mで、春に比べて短く、4歳(現3歳)馬も登録なしで出場できます。
そのため多くの有力馬が出走し、有馬記念やジャパンカップを凌ぐ豪華さになります。

マイラー(1600m前後)競走馬が好成績を上げている実績があり、マイルGIの成績も重要。
大外枠と一番人気馬が勝てないと言われていたが、ここ数年は例外馬が勝利しています。
ただ今でもコースの特徴として大外枠が不利な点は完全には払拭されていません。
前走は宝塚記念・札幌記念・毎日王冠などで好成績の馬が秋の天皇賞に優勝してします。

ジャパンカップ・有馬記念と合わせGI3戦を視野に入れた馬の出走も目立ち、白熱します。
ファンの注目度も非常に高く、実力馬が多く出場するのが天皇賞です。
秋は特に、幅広い馬群が対象となる拮抗したレースとなる難しいレースといえます。

ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイルは、東京の芝1600mで争われるGIマイルレースです。
5歳(現4歳)以上牝馬限定の重賞で、春の古馬女王決定戦と言われています。

2006年から開催されたまだ新しいレースで、開催当初から4年連続レースレコード更新。
牝馬にとって春の目標であり、2週空けての安田記念への足がかりとして意味があります。

ヴィクトリアマイル自体の歴史は長くないが、出走馬はいずれも古い実力牝馬。
牝馬戦のみならず、牡馬のレースでも実力馬が優勝にからみます。

古馬のレースを、後続の優秀馬の繁殖のためによくないとする声もある。
しかし1600mという走りやすい距離に加え、春から初夏への調整という意味で価値がある。

過去の成績は、名の通った競合牝馬が勝利をおさめています。
GIやオークスの成績から、牝馬の古馬をピックアップしていけば、予想しやすいでしょう。
レース展開としては、昨今の傾向通り追込み型が勝利をおさめることが多いです。
すでに数多くのレースに出走している古馬ならではの結果ともいえます。
数少ない、古馬牝馬のための限定レースなので、絞られた実力馬が優勝を狙い参加します。

過去4戦のヴィクトリアマイルで最も絡んだ騎手が武豊です。
牝馬を知り尽くした騎手ならではのたずな捌きで、要注目です。
安田記念へのローテーションの一環とはいえ、実力馬が制するのが、古馬の戦いです。
予想としては波乱の多いレースよりは比較的データ重視のやりやすいレースと言えます。

東京優駿(日本ダービー)

東京優駿(日本ダービー)は、競馬界、ファン共々最も注目する競争と言ってよいでしょう。
4歳(現3歳)の牡馬・牝馬だけに与えられた日本代表決定戦のようなレースです。
馬にとっても騎手にとっても、東京優駿に勝利することは非常に重要な要素となります。

2010年からは、国際競争に指定されるため、外国産馬の出場も予想されます。
トライアルレースは、皐月賞・青葉賞・プリンシパルステークスなどです。

過去76回の歴史の中で、牝馬の優勝はたったの3回です。
圧倒的に牡馬の優勝が多いのは、このレースに出走する馬たちの実力の高さを物語ります。
芝2400mという長さでは致し方ないということもあるかもしれません。

ファンの入場数・ファンファーレなどの派手さから、非常に華やかなレースとなります。
大きな舞台でも緊張・興奮しない精神力が、馬と騎手の両方に問われます。
2着入賞馬は、その後の重賞レースでも優勝や入賞にからむことが多いです。

歴史的な大舞台で最後にものを言うのが、やはり底力なのだということが言えます。
過去の歴代優勝馬を見ても、実に名の通った実力馬揃いです。
デビュー戦から無敗でダービーに臨むようなぬきんでた実力馬も優勝しています。

最も注目度の高いレース、東京優駿では、馬も騎手も実力と経験が最重要要素です。
過去のレースは、1番人気から3番人気までが優勝しているので非常に堅実です。
大穴狙いをせずに、実力馬の中から選定し、お祭りとして大穴を楽しむのが良いでしょう。

高松宮記念

高松宮記念は、中京の芝1200mで競われる短距離レースです。
僅か70秒のレースで、直線が短く坂もゴール前200mの緩いものだけのコースなのです。
逃げ切り馬が強いかと思われるが、実際の過去成績は逃げ切り優勝が数頭しかいません。

2009年は、逃げ切り馬が優勝しました。
近年の高速化にたがわず、ここ数年レースレコードが更新されています。
高松宮記念は、2001年から国際競争となっており、外国産馬も出走しています。

スタート地点は2コーナー出口付近で、向こう正面を通り、最終直線でゴールです。
短距離だけあって波乱は少なく、過去10年の優勝馬はすべて5番人気までとなっています。
1200mの短い距離で波乱を生もうとするには、相当いきなり突出しないと難しいです。
よって予想自体は難しいものではなく、短距離の実力馬に人気が集中します。

また、牝馬にも優勝の可能性が十分ある距離であります。
さらに短距離のレースではコース選択が非常に重要となります。
騎手の采配がとても重要となりますので、短距離によい成績を残している騎手が有利です。

枠順が決まってから予想をたてることはマストの方法です。
短距離に強い馬の血統・得意な騎手・気が強く勢いのある馬の正確などが重要な要素です。

また、重量も大きな要素となりうるので、差込系で軽い馬もチェックする必要があります。
短距離レースの面白さは、逃げでも差しでもスピード感にあります。
最速レコードを持つ馬なども、大変面白い選択となるでしょう。

1  2  3  4  5

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】