GⅠレースごとに予想する!

GⅠレースの競馬予想

GⅠレースの目次

スプリンターズステークス

スプリンターズステークスは通称「電撃の6ハロン戦」とも言われる、
日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1200mで開催するレースです。

スプリンターステークスは、現在では春に行われる高松宮記念とともに、
秋のスプリンター決定戦となっている重賞G1レースです。
スプリンターステークスはグローバル・スプリント・チャレンジにも組み込まれていて、
外国調教馬の参戦する傾向が年々強まっています。

出走資格はサラ系3歳馬(元の4歳馬)以上のJRA所属馬(外国産馬を含む)、
外国調教馬、およびキーンランドカップ・セントラルステークスで優勝、
2着馬で出走資格をとった地方所属馬となっています。

負担重量は定量で、3歳牡馬55kg、4歳以上の牡馬57kg、牝馬はそれぞれ2kg減となっています。

スプリンターズステークスは、1967年、4歳馬(今の3歳馬)以上の出走馬での
ハンデキャップ重賞レースとして中山競馬場の芝1200mで開催されたのが最初です。
その後、出走条件が5歳馬(今は4歳馬)以上に変更され、
1969年には負担重量が別定になるとともに、出走条件を4歳馬(今の3歳馬)に変更しましたが、
1981年には、5歳馬(今の4歳馬)になりました。

グレードはG3(1984年)、G2(1987年)から、1990年にG1になっています。
1994年、国際レースに指定され、1995年には特別指定交流戦の指定を受け、
2006年には国際G1に指定されました。

中山グランドジャンプ

中山グランドジャンプは、日本中央競馬会(JRA)が
中山競馬場の障害・芝4250mで開催する障害の重賞G1レースで、
国際招待レースになっています。正賞のひとつは農林水産大臣賞です。

外国からの招待馬については、
馬の輸送費から関係者全員を含む日本での滞在費用は全てJRAの負担になっています。

このレースの前身は、古く1934年から年に2回開催されていた中山大障害にさかのぼります。
負担重量は定量で、牡馬4歳馬では62キロ、5歳馬以上は63.5キロ、
牝馬はそれぞれ2キロ減とされています。

中山グランドジャンプとしての第1回レースは1999年に中山競馬場の
5歳馬(今の4歳馬)以上の障害・芝4100mの混合・定量の重賞G1レースとして開催されました。

2000年に、出走条件が混合から国際へ変更されて、
障害レースとしては日本初の国際招待レースになりました。
また、この年には初めてフルゲート16頭が出走しています。
2001年にはコースが日本の競馬レースでは最長の障害・芝4250mに変更されています。

中山グランドジャンプは、日本国内での最高難度の障害レースで、
まさに人と馬が一体となって大きな障害を乗り越えながら、
この長距離を走り抜ける厳しいレースということもあり、
観客のファンから優勝馬はもとより、
遅れに遅れても完走した馬にも暖かい拍手が贈られる光景が見られるという、
まさに損得抜きの競馬レースとして高い人気を維持しています。

朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークス。 言葉に出すときに慣れないと舌を噛みそうなこのレースは、
日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1600mで開催する重賞G1レースです。

このレース名は英語の「Futurity」からとったもので、
未来・将来・前途などの意味があります。

朝日杯フューチュリティステークスは、
1949年に中山競馬場の芝1100mの2歳馬(元の3歳場)限定の混合別定重量の重賞レース、
朝日杯3歳ステークスとして設けられました。

1950年に出走条件が別定重量51キロから別定重量52キロになりました。
さらに1957年には出走条件が別定重量、牡馬52キロ、牝馬51キロに変更されています。
1959年からはコースが芝1200mに変更されましたが、
さらに1962年にはコースが芝1600mに変更されています。

出走条件もその後たびたび変更されました。
まず1967年に出走条件が別定重量、牡馬51キロ、牝馬50キロに変更。
翌年には、牡馬52キロ、牝馬51キロに戻りましたが、
1970年には牡馬53キロ、牝馬52キロに変更されています。
1972年には出走条件が別定重要から馬齢受領になり、牡馬54キロ、牝馬53キロとなり、
混合レースに指定されました。

1984年のグレード制に伴い重賞G1に格付けされました。
1991年には出走条件が2歳(元の3歳)牡馬・せん馬に、
2004年には2歳牡馬・せん馬から2歳牡馬・牝馬に変更されています。

ジャパンカップダート

日本中央競馬会(JRA)が開催する重賞G1レース(国際招待指定)に
ジャパンカップダートがあります。

このレースは阪神競馬場のダート1800mで行われます。
外国から参戦する場合には出走馬の輸送費、滞在費、その他関係者一同の
日本での滞在に必要な経費の一切をJRAが負担しています。

ジャパンカップダートは、2000年に東京競馬場のダート2100mという変則距離で
4歳馬(今は3歳馬)以上の国際招待指定レースと
定量重賞G1レースとして第1回目が行われました。
当初の外国調教馬の招待枠は6頭までとされていました。

2001年の馬齢表示の国際基準への変更に伴い、
出走条件が4歳以上から現在の3歳以上に変更されています。
また、この年から外国調教馬の招待枠が8頭に拡大されました。

2002年には東京競馬場の改修工事のため中山競馬場の1800mで開催されました。
2006年には珍しく招待枠があるのにもかかわらず珍しく
外国からの参戦馬がゼロということもありました。
2008年には場所を阪神競馬場のダート1800mに移して開催されましたが、
この年にジャパン・オータムインターナショナルに指定されています。
その後、2009年にはJRAプレミアムの対象レースになっています。

負担重量は牡馬・8囈nが55kg、牝馬が53kgでしたが、
2008年から牡馬・せん馬が56kg、牝馬が54kgと、
それぞれ1kgの負担重量増になりました。

マイルチャンピオンシップ

マイルとはヤードポンド表示の1マイルということで、
メートル法に直すと1609メートルです。
マイルチャンピオンシップはこの1600mを走るレースですが、
日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝1600mで開催する重賞G1レースです。

1984年に中央競馬にグレード制が導入されましたが、
1マイルのチャンピオン決定レースとして春には安田記念が重賞G1に指定され、
秋の1マイルチャンピオン決定レースとしてマイルチャンピオンシップが新しく設けられました。

このレースは当初は、重賞G1レースでは最も荒れないレースと言われましたが、
近年では大穴が出る荒れるレースが増えています。

また、マイルチャンピオンシップの特長として、関西の競馬場で開催されるG1レースとしては
比較的珍しく関東馬の活躍が多いレースだということがあげられます。

1998年からは外国調教馬の参加が可能になり、
2004年からは国際グレードワン(G1)レースに指定されました。
また、2008年からはマイルチャンピオンシップは
ジャパン・オータムインターナショナルシリーズに指定されています。

出走資格は、サラ系3歳馬(元の4歳馬)以上のJRA所属馬、
JRAの認可条件を満たした地方所属馬と9頭までの外国調教馬となっています。

負担重量は定量で、3歳馬は56kg、4歳馬以上は57kg、牝馬はそれぞれ2kg減です。
なお、マイルチャンピオンシップは京都競馬場での年内最後の重賞G1レースです。

<前の5記事 1  2  3  4  5

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】