GⅠレースごとに予想する!

GⅠレースの競馬予想

GⅠレースの目次

天皇賞(秋)

日本中央競馬会(JRA)が開催する天皇賞は年に2回あり、
京都競馬場で行われるレースを天皇賞(春)、
東京競馬場で行われるレースを天皇賞(秋)と呼んでいます。

歴史は歩古く、1905年にできた帝室御賞典が前身です。
中央競馬の伝統と格式があるレースであり、日本一を決めるレースということで、
再出走して負けた場合には天皇賞馬の威厳を損なうため、
1980年までは優勝馬の再出走が認められない「勝ち抜け制度」というのがありましたが、
1981年にこの制度は廃止されています。

歴史としての天皇賞は、当初帝室御賞典(春)として、
1938年に鳴尾競馬場のダート2700mの4歳馬(今の3歳馬)以上の
牡馬・牝馬定量の重賞レースとして開催されたのが始まりです。

1939年に、距離を3200mにして、出走資格を5歳馬(今の4歳馬)以上にしましたが、
太平洋戦争の影響で中止され1947年に再開されました(平和賞として)。

天皇賞の名称になったのは、1948年のレースからです。
1984年のグレード制施行に伴い天皇賞(春)、天皇賞(秋)は重賞G1に格付けされました。
1995年には指定レースに指定され、
2000年には外国産場の2頭までの出走枠が(2004年からは4頭)設けられました。

天皇賞は2007年には国際G1に格付けされています。
また、2008年から、出走条件を一部変更して、せん馬の出走が可能になり、
さらに前年度のメルボルンカップ優勝馬の招待が制度化されました。

秋華賞

秋華賞(しゅうかしょう)は、京都競馬場の芝内回り2000mで行われる
日本中央競馬会(JRA)が開催する、3歳(元の4歳)牝馬限定の重賞G1レースです。

秋華賞は、1996年に牝馬三冠の最終戦として人気があった
エリザベス女王杯に4歳馬以上の牝馬も出走できるようになったため、
新たな牝馬三冠の最終戦という意味合いで創設されました。

なお、牝馬三冠の桜花賞やオークス(優駿牝馬)とは異なり、
イギリスのクラシックレースに倣ったレースではないため
クラシックレースとしての位置づけはありません。

秋華賞レースへの出走資格はサラ系3歳(元の4歳)牝馬でJRA所属、
およびJRAの所定の条件を満たした地方所属馬と外国調教馬が9頭までとなっています。
なお第1回目から外国調教馬の出走が認められていたため、
外国馬の優勝がいくつかのレースで散見されます。

第1回のレースは、1996年に4歳(今の3歳)牝馬による
定量の混合レース・指定交流レースの重賞G1レースとして、
京都競馬場の芝内回り2000mで行われました。
2001年、馬齢変更に伴い、出走条件が4歳牝馬から3歳牝馬に変更されています。
2003年には負担重量が定量から馬齢重量になっています。

トピックスとしては、2008年のレースで大番狂わせが起きて
三連単の配当が重賞レースでは史上初の8桁配当(10,982,020円)となりました。

2009年に、秋華賞は混合レースから国際レースに変更され、
外国調教馬が参戦できるようになりました。

宝塚記念

宝塚記念は、日本中央競馬会(JRA)が開催する重賞G1レースで、
阪神競馬場の芝2200メートルで行われる人気レースです。

名前は宝塚市からつけられています。
このレースは有馬記念と同じようにファン投票で出走馬を決めることが前提になっています。

出走資格馬は、サラ系3歳馬(元の4歳馬)以上のファン投票とJRAが選出するJRA所属馬、
JRAに認定された地方所属馬および外国調教馬です。

ファン投票は1人1回で、ファン投票の上位10頭が優先的に出走できます。
レースはフルゲートで18等までの出走が可能です。

第1回目は1960年に阪神競馬場の芝1800mの4歳馬(今の3歳馬)以上の
定量重賞レース「宝塚記念」として行われました。
翌年距離を2000mに伸ばし、1963年には負担重量を別定に変更しました。
今の芝2200mになったのは1967年です。
1968年には出走資格が5歳馬(今の4歳馬)以上に変えられ、
負担重量も馬齢に変更されました。

その後、負担重量は1972年に定量に変更されています。
1995年、指定交流レースに指定され、地方所属馬が参加できるようになりました。
2001年には馬齢基準の変更により4歳以上から3歳以上になり、
同年国際重賞G1に指定されました。

2002年には外国調教馬の出走枠が8頭に拡大されています。
なお、負担重量は現3歳馬53kg、4歳馬以上58kg、牝馬は2kg減となっています。

フェブラリーステークス

フェブラリーステークスは、厳寒の二月に行われる中央競馬年初のGIダートレースです。
日本のダートは土というより砂主体のため、スピードよりパワーが要求されます。

アメリカと違い、砂主体の日本のダートでは、乾燥する冬は特にパワーが必要です。
そのため、ここ13年間勝利した馬はすべて牡馬で、牝馬にはややきついレースとなります。
芝のレースと違い、ダートで1600mという特徴に適した馬が最も有利となる展開です。
ここ3年はレースレコードが連発しており、非常にハイレベルな戦いとなっています。

逃げ・先行よりも、差し・追込みの馬が好成績を残しているフェブラリーステークス。
スピードと先行力が売りの馬よりも、直線での追込みが強い馬に注目する必要があります。
とはいえ、激しい追込みで勝利した馬が次走で凡退ということも多いため注意が必要。

前走レースは東京大賞典(大井)・平安ステークス(京都)・川崎記念(川崎)などです。
前走の成績や1600m以上のダートで勝っているか、連対に絡んでいるかも重要な要素です。

東京競馬場ダートコースの、最初の100m弱が芝という特徴に慣れている馬も有力です。
また、前年のジャパンダート(ダート1800m)での成績も大きなファクトとなります。
天候に左右されるダートで最も有利なのは、パワーと実力を持ち合わせている馬です。

大穴が来る可能性は薄いと言ってよく、ダートで強いと評判の馬が連対にからんでいます。
その点、比較的堅実なレース展開が多いと言えるでしょう。

<前の5記事 1  2  3  4  5

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】