GⅡレースごとに予想する!

GⅡレースの競馬予想

GⅡレースの目次

金鯱賞

金鯱賞は、JRA開催で、名古屋の中京競馬場の芝2000mで行われるレースです。
名前の由来は名古屋城の金の鯱から取られており、中央競馬の重賞競争(G2)です。
このレースの歴史は古く、1965年に4歳以上で別定重量の重賞競争として創設されました。

第1回は、中京競馬場の砂1800mで11月に行われました。
翌年からはレースの時期を7~8月の真夏変更し、ハンデキャップとなりました。
1969年には、開催時期を変更し、それと一緒に資格を5歳以上に変更しました。

金鯱賞は、1970年に中京競馬場の工事で、一時、小倉競馬場で開催されました。
小倉競馬場では、博多ステークスというレース名で行われました。
その後1971年に中京競馬場の芝コースが完成した為、元に戻りました。

資格を4歳以上に変更し、中京競馬場の芝コースで1800mのレースとなりました。
この金鯱賞が、中京競馬場ので行われる中距離レースの重賞の最高峰です。
次の競争は、天皇賞、安田記念、と肩を並べ、次の宝塚記念へのステップとなっています。

資格は、サラ系で3歳馬以上、JRA所属及び外国場9頭と定められています。
負担重量はグレード別、3歳が52kg、4歳が57kg、牝馬は2kg減が基本となっています。
牝馬限定のG1優勝馬を除くG1入賞馬は2kg、牝馬限定は1kgの負担です。
ただし、グレード・グループ優勝の2歳馬は対象外です。

総額賞金は1億2200万円で、1等賞金6,400万円のレースです。

スプリングカップ

京王杯スプリングカップとは呼ばれていますが、
正式名称は京王電鉄株式会社賞です。

優勝杯を提供する京王電鉄から冠名が取られています。
東京競馬場での芝1400mで、中央競馬の重賞は、JRAの開催レースとなっています。
マイラーズカップ、ダービー卿チャレンジトロフィーと同じ安田記念の前哨戦です。

マイラーズカップなどよりも早くから、たくさん優勝馬を出しています。
第2回ではヘキラクが5着といい成績を残せませんでした。
また、第6回では、ホマレボシが3着となっています。
その他は、6頭が安田記念で優勝をしています。

1981年に前哨戦に位置づけられてからは、第28回では、キヨヒダカが3着になりました。
その他第29回に優勝をしたパッピープログレスなどです。
このスプリングカップはサラ系の馬で4歳馬以上で、JRAに所属した競走馬が出走条件です。
地方所属の競走馬は2頭までと、外国馬が9頭までとされています。

重量負担の方はグレード別に決められており、牝馬に関しては2kgの減が基本です。
そのほか、牝馬限定のG1優勝馬いがいのG1優勝馬は2kgと定められています。
また、牝馬限定のG1優勝馬馬は1kgと決められています。
グレード・グループ優勝の2歳馬は対象外になります。

賞金の総額は、1億1,400万円で、1着が6,000万円、以下5着が600万円となっています。
現在のスプリングカップの優勝レイの色は赤色の生地に銀の文字です。

青葉賞

青葉賞は、日本中央競馬会(JRA)が開催する芝2400mの重賞(Jpn2)の競争です。
東京競馬場での芝2400mとして開催されています。
この競技はテレビ東京が優勝杯を提供している事で、正式にはテレビ東京杯です。

東京競馬場の芝2400mの4歳馬限定のダービー指定オープン特別競争です。
後の1984年から始まるクラッシク競争であり、東京優駿の前哨戦として始まりました。

競技名は繁栄と言う意味で青葉賞と名づけられました。
三着入賞の国産場のみに出場権が与えられた。
この競技は、プリンシパルステークス、京都新聞杯と並んで東京優駿の前哨戦とされている。
皐月賞から直接と、NHKマイル経由の馬が好走するようです。

この競技からの出走馬は、1984年の創設から1度も東京優駿で優勝した事はありません。
その後第9回大会で、シンボリクリスエスが、2着に入賞しました。
第10回大会では、ゼンノロブロイが2着入賞しています。

その後もその年度の代表場に選ばれるような活躍をしました。
この事から、ダービートライアルとして注目を集める事になったのです。

この、青葉賞の出走の資格は、3歳のJRA所属、地方所属の競走馬です。
負担重量の方は、馬齢では56kg牝馬は54kgです。
この青葉賞の総合の賞金は、1億350万円1着が5400万円から5着の540万円まで支払われます。

この、青葉賞のレイの色は青色に黄色文字でし。
それに、文字が丸文字で書かれているという珍しいデザインになっています。

マイラーズカップ

読売新聞が優勝杯を提供している競走が、マイラーズカップです。
正賞は読売新聞社賞といい、正式名称は読売マイラーズカップと言います。
これも、日本中央競馬会(JRA)が開催しているものです。

阪神競馬場の芝1600mで行われているレースです。
1970年に、ハンデキャップの重賞競争として始められました。
第1回は、現在と同じ阪神競馬場の芝1600mで行われています。

当初は天皇賞の前哨戦として位置づけられていました。
実際には安田記念の前哨戦のようで、このレースは安田記念を目標にしています。
1400m以下の競争を適正としないマイラーが始動する競争です。

京王杯スプリングカップチャレンジトロフィーなどと同様に安田記念の前哨戦です。
ハッピープログレスなど1984年に4着に敗れた安田記念の優勝馬が多く出された。
安田記念の優勝馬ノースフライトが1994年にでたのが最後でその後は出ていない。

アサクサンデンエンが、2005年に3着に敗れたが、11年ぶりに安田記念で優勝した。
ダンスインザムードがこれをステップにして、ヴィクトリアマイルで優勝した。
出走資格は、サラ系4歳以上JRA所属、地方所属の競走馬、外国馬です。

マイラーズカップの負担重量、グレード別定で、57kg、牝馬2kg減を基本とします。
牝馬限定のG1優勝馬を除くG1入賞馬は2kg、牝馬限定は1kgの負担。

ただし、グレード・グループ優勝の2歳馬は対象外となっています。

ニュージーランドトロフィー

ニュージーランドトロフィーの正式名称は、
ベイオブプレンティレーシングクラブ賞です。

中山競馬場の芝の外回りで行われているレースです。
ニュージーランドの競馬団体から、賞杯を1971年に寄贈されました。
杯の交換として、東京競馬場の芝1600mの4歳馬の混合の競争をしたのが始まりです。
これも、日本中央競馬会(JRA)が開催する重賞レースです。

1983年に東京競馬場の芝1600メートルの4歳牡馬・牝馬限定混合馬齢の重賞となります。
ニュージーランドトロフィー4歳ステ-クスとして新設されました。
1984年にはG21に格付けされました。

1987年にはG2に格上げされニュージーランドトロフィーは競走馬の最大の目標となります。
それらの馬は、東京優駿や、優駿牝馬の4歳の競走馬です。
それにクラッシク登録できない外国馬の最大の目標となりました。
日本ダービーやオークスに出れない馬が多く出場しました。

NHKマイルカップのトライアルレースとしての位置づけとなっています。
主走資格は、サラ系3歳JRA及び地方牡馬と牝馬、それと外国馬です。
また、負担重量牡馬56kgで牝馬は54kgと定められています。

総額賞金は1億250万円で、1着5,400万円、2着は、2,200万円、3着1,400万円です。
他のレース同様、5着まで賞金があります。

上位3着までの入賞者にはNHKマイルカップの優先出走権が与えられます。
現在のレイの色は青地に銀文字です。

1  2  3  4  5  6  7

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】