GⅡレースごとに予想する!

GⅡレースの競馬予想

GⅡレースの目次

日経賞

日本中央競馬会(JAR)が開催している競馬で日経賞があります。
中央競馬の重賞(G2)競争の1つで、中山競技場の芝2500mを使って開催されます。
優勝杯を提供する日本経済新聞の略称で日経と言うところから冠名がつけられています。

日本経済賞として創設され1953年に5歳以上の別定の重賞競争として始まりました。
第1回は6月に中山競馬場の芝3200メートルで、現在とは違います。
1956年は、中山競馬場の改修工事のため、東京競馬場の芝3200mで開催されました。
1958年に2600mに変更されています。

1964年に中山競馬場の改修工事のため東京競馬場の芝2500mで行われました。
1966年も同じく東京競馬場の芝2600mで開催されました。
1967年には距離を2500mに変更しました。
1984年に開催時期の変更をし、現在では関東での天皇賞の前哨戦と位置づけられています。

馬は三浦だけではなく、栗東からも出場していいます。
第32回に出場したモンテファスト等、多くの馬が天皇賞で優勝を果たしました。
1979年には日経賞に変更し福島競技場の芝2400mに変更となりました。
1981年にはまた、開催地が東京競馬場に移っています。

出走資格はサラ系4歳以上、JRA及び地方所属の競走馬です。
外国馬負担重量は、グレード別定で4歳馬56kg、5歳以上57kgとなっています。
牝馬限定のG1優勝馬を除くG1入賞馬は2kg、牝馬限定は1kgの負担です。
ただし、グレード・グループ優勝の2歳馬は対象外と定められています。

総額賞金は1億2,200万円で、1着6,400万円、5着まで640万円です。

スプリングステークス

スプリングステークスとは、名前の通り春に行われる競争です。
中山競馬場のしば1800mで施行されます。
正式な名称はフジテレビ賞スプリングステークスといいます。

中央競馬会(JRA)が開催をする重賞(jpn2)です。
優勝杯のほうはフジテレビが提供しています。

1952年にクラッシク競争の皐月賞の前哨戦として開催されました。
スプリングステークスとして、4歳牡馬、牝馬限定別定重賞競争です。
東京競馬場の芝1800mとして開催され、1995年には特別指定交流競争に指定されました。

そして地方所属の競走馬も出る事が出来るようになったりのです。
また、皐月賞も外国場が出る事が出来るようになりました。
この事により、混合競争に指定され、2003年からは負担重量を馬齢に変更しています。

数ある皐月賞トライアルの中では1番歴史があります。
弥生賞と共に皐月賞の重要な前哨戦となるレースです。
出場した多くの馬がG1競争で優勝しています。

出走資格は、サラ計3歳、JRA所属の牡馬、牝馬、地方所属の競走馬です。
負担重量は馬齢重量で、牡馬は56kg、牝馬は54kgと定められています。

総額賞金は1億250万円で、優勝馬,5600万円、5着まで,540万円です。
上位3着までの入賞の競走馬には皐月賞の優先出走権が与えられます。
優勝レイの配色は赤色地に銀文字です。

協賛しているフジテレビの、目玉のマークも描かれています。
競馬中継ではフジテレビ賞と呼ばれる事もあります。

弥生賞

報知新聞社が優勝杯を提供している競争は、
弥生賞で旧暦の3月から付けられました。

中山競馬場の芝2000mで施行される中央競馬会の重賞(Jpnll)競争です。
開催は日本中央競馬協会(JRA)です。

この弥生賞は、1960年~1963年に行われた東京記念の継続施行です。
クラッシク競争として1964年に行われた皐月賞の前哨戦で4歳馬の別定の競争でした。
弥生賞となってからは、第1回目は東京競馬場ではなく、中山競馬場で行われています。

次の年には東京競馬場へと移り、行われました。
東京競馬場の改修工事で、再び、1968年に中山競馬場へ帰ってきたのです。
この競争の負担重量は1971年から馬齢重量に変更されました。

皐月賞と同じ条件で行われているため3歳牡馬の有力な馬が出るようになりました。
皐月賞だけではなく、牡馬三冠を見定める、大切な競争となったのです。
1995年には指定交流競争に指定され、地方地方の競走馬も出走可能となりました。
皐月賞トライアルにまで指定されたが、1997年に混合競争から除外されてしまいました。

その後、出走資格が見直され、外国馬による活躍が見られるようになったのです。
また、2002年には外国産場が皐月賞へ出れる様になりました。
そのため、又混合競争に指定され、その年だけは、負担重量が定量にされました。

出走資格は、サラ系3歳JRA所属及び地方所属と定められています。
賞金総額は、1億250万円で、1等賞金5400万円、5着まで540万円です。
3位までは、皐月賞の有走出走権が与えられるレースです。

京都記念

農林水産省賞典京都記念は、京都競馬場で行われる、
中央競馬の重賞(G2)レースです。

この歴史も古く、1942年に重鎮競争京都記念として行われました。
京都競馬場のハンデキャップの芝3500mが始まりとなっています。

このレースは春と秋に行われ、春は条件が5歳以上、秋は4歳以上と決められていました。
長い間このレース場で行われてきましたが、1994年に別定の芝2200mと変更されています。

1996年には地方所属の旗手の参加が出来るようになっています。
また、2005年には混合競争から国際競争に変更になりました。
関西圏では日経新春杯に継ぐ春のG2競争です。

しかし負担重量が別定で、G1級の有力馬が年明け初として出走する馬も多くなっています。
ここから、阪神、大阪杯をステップに天皇賞へという事が多いのが特徴です。
京都記念の出走条件は、サラ系4歳以上のJRA所属、出走登録を行った外国調教馬です。

負担重量は、別定重量と定められています。
2007年迄は賞金別定だったが、2008年からはグレード別定重量の変更されました。
4歳は56kg、5歳以上は57kg牝馬は2kg減、を基本としています。
牝馬限定のG1優勝馬を除くG1入賞馬は2kg、牝馬限定は1kgの負担です。
ただし、グレード・グループ優勝の2歳馬は対象外とされています。

総額賞金は1億2100万円です。1着賞金6400万円から5着賞金640万円と決められています。
現在のレイは、緑地に銀色文字となっています。

日経新春杯

京都競馬場で、新春に行れる芝2400mの重賞(G2)は日経新春杯です。
主催は中央競馬協会(JRA)で行われます。
レースの冠名は、日本経済新聞が優勝杯提供で付けられました。

この競技は古く、1954年に日本経済新春杯として始められました。
その後、1979年に今の名前に変更された。
1984年にはG2に格付けされ、3年後の1987年からは、芝外回り2200mと短縮されました。
しかし、1995年には、また元に戻されたのです。

その歴史の中で、1980年と1994年だけは、阪神競馬場で行われました。
なぜか1984年にはダート2600mで行われています。
2006年からは国際競争となり、長距離の馬が、このレースを起点とするようになりました。

同時期に開催の、アメリカジョッキークラブカップ、京都記念は、別定重量の競技です。
しかし、日経新春杯は、ハンデキャップ協議とは区分されました。
1978年、当時1番人気のテンポイントが、故障をし競技が中止されたのです。

この競技は海外に遠征の壮行戦で、負担重量が66.5kgでした。
テンポイントは、この年の3月に死亡しています。この馬は、今でも語られます。
競馬ファンは日経新春杯と言えばテンポイントという人が多いでしょう。
競走馬はサラ系4歳以上で、JRAの競走馬で1回以上出場と定められています。

外国馬は8頭で、負担重量はハンデキャップとなっています。
賞金は1億1050万円で、優勝の5800万から、5着までです。
優勝のレイは現在は紫に黄文字です。

<前の5記事 1  2  3  4  5  6  7

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】