GⅡレースごとに予想する!

GⅡレースの競馬予想

GⅡレースの目次

阪神大賞典

阪神大賞典(はんしんだいしょうてん)は中央競馬、重賞競走のG2レースです。
もともとは1952年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ重賞競走でした。

阪神競馬の芝2000mとしてスタートしました。
阪神大賞典は、中央競馬の重賞競走のG2レースです。
正賞は兵庫県知事賞と京阪神不動産株式会社賞があります。

阪神大賞典の出走資格はJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬は2頭までとなっています。
また、外国調教場は8頭までとされています。

阪神大賞典の負担重量は1955年に別定に変更しました。
現在の負担重量は、別定で、4歳は56キロ、5歳以上は57キロと定められています。
また、牝馬はマイナス2キロが基本とされています。
牝馬限定G1優勝馬は除く、過去1年以内のG1優勝馬は2キロの負担です。
1年より過去のG1優勝馬は1キロ負担になっています。
牝馬限定G2は除く、牝馬限定G1ならび、G2優勝馬は、1キロの負担と定められています。

ただし、2歳時のグレード・グループ優勝馬は対象外とされます。
総額賞金も規定があり、その総額は1億2,330万円となっています。
1着が6,500万円、2着が2,600万円です。さらに3着が1,600万、
4着が980万、5着が650万円と決められています。

G2長距離重賞レースであるため、天皇賞の前哨戦として注目を集るレースです。
これは、芝2000mの大阪杯の2重賞であるためになります。
そして、春の天皇賞に一番近いレースだからといえます。

フィリーズレビュー

フィリーズレビューは、報知新聞社提供の日本中央競馬会で行われる、競馬レースです。
正式名称は報知杯フィリーズレビューといいます。

英語の「フィリーズ」とフランス語の「レビュー」を合わせた造語です。
このレースの名前には、「牝馬たちの舞台」という意味があります。

フィリーズレビューは、阪神4歳牝馬特別として創設されました。
1967年の牝馬限定のクラシック競走の、いわば前哨戦の位置付けとしてスタートしました。
今では、桜花賞の前哨戦としては最も高い格付けのGツーレースとされています。

また、桜花賞と同じ阪神競馬場で行われています。
このレースで入賞すれば、クラシック競走の桜花賞の出走権を優先的に与えられます。
しかし、優先出走券の取得には上位3着までに入賞しなければなりません。
桜花賞だけではなく、チューリップ賞やフラワー賞のステップレースとしても有名です。

出走資格馬齢はサラ系3歳(旧4歳)となっています。
JRA所属の外国馬を含む牝馬競走馬も出場資格があります。
地方所属の競走馬は2頭まで出馬が可能です。

阪神競馬場で開催されるのは、芝内回りで1400メートルです。
中央競馬の重賞レースで、負担重量は馬齢体重で54キロと決められています。

総額賞金は9,300万円で、1着賞金が5、200万円です。
つづいて、2着が2,100万円、3着1,300万円です。
そして、4着賞金が780万円、5着賞金が1,300万円となっています。

中山記念

中山記念とは、日本中央競馬会(JRA)による中央競馬です。
中山記念は、重賞(G2)競馬で、1936年の秋に中山競馬場で始まりました。

最初のレースは、ハンディキャッップレースで、芝3200m長距離重賞競走でした。
レースの名前は、中山競馬場に由来されて付けられたという事です。
始まった当時は、秋のレース、春のレースと年2回行われていました。
しかし、1951年、秋の26回のレースから年2回のレースは廃止。

現在では、年に1回だけ行われています。
伝統そして格式ある中山記念は、天皇賞や安田記念といったレースで人気があります。
また、春のG1レースをねらう、重要な、まさにステップレースといえるでしょう。

さらには宝塚記念を目標にする有力馬も出馬する事もあり、
国際競走に指定されています。年々変わる、出走馬の年齢は5歳(現4歳)の時や、
4歳(現3歳)の時もありました。

出走距離も、芝3200mから芝1800m、の間で何度も変更しています。
今日のレースでの出走資格はサラ系4歳(旧3歳)以上。
JRA所属の競走馬、外国調教場は8頭までと決められていています。

出走距離は芝1800m。1948年のみ、芝3400mでレースが行われた事もありました。
現在では、外国産馬が出走可能な混合競争に指定されています。
そして、地方所属の騎手が騎乗する事が許されています。

1984年からは日本でのグレード制導入により、G2に格付けされています。

アメリカジョッキークラブカップ

アメリカジョッキークラブカップとは、
中央競馬の重賞(G2)競走のことをいいます。

日本中央競馬会(JRA)が、中山競馬場の芝外回り2200mで行われています。
新聞や広報関係では、AJC杯とかAJCCというふうに略称で表されていることが多いです。

ニューヨークジョッキークラブから、
1960年に優勝杯を日米の友好として贈呈されました。
使用する競馬場や距離は、創立後、何度も変更がありました。

東京競馬場で1996年と2002年に施行した以外は、中山競馬場が定着した施行場です。
G2に1984年に格付けされると同時に、現在の走行距離も確定されました。
同年、芝コースの積雪により馬場がダート1800mに変更になりました。
しかし、グレードの取り消しは当初のルールに基づき行われませんでした。

アメリカジョッキークラブカップは、2006年からは国際競走に認定されています。
関東エリアでは年始の最初の芝、G2競走となっています。

前年度の有馬記念や中山金杯等で調子が上がってきている馬が多く出馬傾向にあります。
また、春季に行われる中、長距離競走に向けて始動する一つのポイントにもなっています。

第28回のミホシンザンなど、各回の優勝馬が天皇賞などを制しています。
アメリカジョッキークラブカップの出走条件は、サラ系4歳(旧5歳)以上となっています。
また、JRA所属の競走馬であり外国調教馬は8頭までということになっています。

阪神カップ

阪神カップは2006年よりJRA(日本中央競馬会)が阪神競馬場で開催されています。
GⅡのグレードでは珍しい距離1400mの短距離競争です。

グレードはGⅡですが、負担重量が実績に左右されない定量戦です。
また短距離を得意とするマイラー・スプリンターの活躍のために新設された大会です。

出走の資格は、3歳以上で、規定体重以上の競走馬が対象資格になります。
認定を受けている地方の競走馬と、外国の調教場どちらも数の制限はあります。

阪神カップはアメリカ・アーリトンパーク競馬場との交換競争として行われています。
交換競争とは姉妹都市であったり親善目的のために行う競争です。

また様々な路線からバラエティに冨んだ馬たちが集まって来ます。
このレースはまだ歴史は浅いですが、大きな大会ではあります。

しかし、年末の大会だけあって競走馬は年内最終戦に香港国際競争に進みます。
ですが過去には有名な武豊騎手もこの大会を制しています。

2006年と2008年現役時代天才と呼ばれた父を持つ福永祐一騎手が制してます。
2007年には格付けがJpnⅡに変わりました。がしかし2009年にはGⅡと格付けを戻されました。

賞金総額は1億3400万円とGⅡグレードの中で最高の賞金額となっています。
1着7000万円、2着2800万円、3着1800万円です。

冬の短距離競争といえば、阪神カップと今では大分定着しています。
スプリンター・マイラーのバラエティ豊なレースはやはり阪神ではこの大会が注目です。

<前の5記事 1  2  3  4  5  6  7

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】