GⅡレースごとに予想する!

GⅡレースの競馬予想

GⅡレースの目次

京都大賞典

JRAが重賞(GII)として行っているのが「農林水産省賞典 京都大賞典」です。
このレースは一般的には京都大賞典と呼ばれています。
京都競馬場の芝2400mで行われている競争です。

この競争は春に行われている天皇賞や宝塚記念の後、秋に行われています。
このレースまでの期間をゆっくりと休養をとり、出走します。
同じ日に行われる毎日王冠よりも距離が長くなっています。
そのため、どちらかというと、長距離を得意とした馬の出走が目立ちます。

1966年にほじめられてこの競争は、初めは、4歳以上の重賞競争でした。
第1回目の開催地は京都競馬場3200mで行われました。
その頃は、名前も「ハリウッドターフ倶楽部賞」と呼ばれていました。
次の年に2400メートルに変更されて、そのままの形で続いています。

ただ、1974年にレース名だけが、「京都大賞典」と名づけられました。
当初は、混合競争ではなかった為外国馬には出走権が有りませんでした。
しかし1971年に混合競争となり、この年から外国産場の出走も出来る様になりました。

1995年から秋の天皇賞出走候補とされた地方馬も、中央競馬指定交流競争となりました。
そのため2頭出走が出来るようになったのです。
その後、3頭のエリザベス女王杯出走候補の馬も出走出来る様になっています。

国際競争に指定を受けた2003年には、9頭まで外国馬の出走が許されるようになりました。
その後は3歳馬等が秋から先にある競争に向けての大事な競争となっています。

毎日王冠

東京競馬場、芝2500mのコースで1950年に重賞競走として毎日王冠は始まりました。
出走馬は4歳(現3歳)以上の馬で、創設当初は定量の勝抜制でした。

勝抜制とは、一度勝利した馬は、次年度以降同競走には、出走できないという制度です。
しかし、1955年からは勝利した馬にも出走資格が与えられました。
また、負担重量も別定重量に変更されました。

いろいろと変更を重ねてきた距離ですが、現在では芝1800mとなっています。
開催場所は、幾たびか変更になりました。
今では、秋の天皇賞との関係で、東京競馬場での開催となっています。

出走資格は、サラ系3歳(旧4歳)以上の外国産馬を含むJRA所属馬です。
また、1996年に国際競争に指定され外国馬5頭が出走可能になりました。
2001年からは枠が増やされ9頭の外国馬が出走できます。

地方競馬所属馬は1995年から中央競馬指定交流競走となり出走可能になりました。
地方競馬所属馬の出走枠は、秋の天皇賞の出走候補馬2頭です。
毎日王冠は、秋のシーズンニ向かうはじめてのレースとして位置づけられます。
また、秋の天皇賞やマイルチャンピオンシップの前哨戦として注目されています。

秋のGIシーズンを占う上で重要なレースなので、有力馬の出走が多いレースです。
名馬オグリキャップがこのレースの連覇を初めて成し遂げました。
そして、調教師として瀬戸口勤さんがオグリキャップと一緒に史上初の連覇をしました。

賞金は、1着6400万円、2着2100万円、3着1600万円、4着960万円、5着640万円です。
賞金総額は1億1700万円にもなります。副賞として、このレースの名称の通り王冠が授与されます。

神戸新聞杯

1953年開始のハンディキャップの重賞競走「神戸盃」が
神戸新聞杯の最初の名称です。
4歳(現3歳)の競走馬によるレースで、阪神競馬場の芝2000mのコースが舞台となりました。

1972年に現在のレース名である「神戸新聞杯」に改められ、距離も何度か変更されました。
負担重量の変更も行われましたが、現在の馬齢重量に2003年以降は定着しています。
グレード制が導入され、1984年にGIII に格付け、1987年にはGIIに格上げされました。

また、1995年には菊花賞のトライアルに認定されました。
有力馬がこのレースを初戦として、重要視しているのはそのためです。
2000年から2009年まででこのレースにからステップして菊花賞をさらった馬は7頭にも上ります。

2006年に外回りのコースが阪神競馬場の馬場改修に作られました。
それにより、芝2400mの外回りコースとして2007年から行われています。
直線距離も476.3mとなりました。このレースの入賞馬3着までは、
菊花賞の優先出走権を得ることができます。

1995年中央競馬指定の交流競走として菊花賞出走候補の地方馬2頭が参加できます。
2000年からは枠が拡大され3頭になりました。
2005年からは、春のクラシック競走及びNHKマイルCも出走資格を得られるレースになりました。
それは、春のクラシック競走及びNHKマイルCで2着以内になった馬です。

2001年には菊花賞に外国産馬が出走できるようになりました。
そのため、このレースも混合競走となり、外国産馬を認めています。

オールカマー

中山競馬場の外回り芝2200mで争われるオールカマーは、
中央競馬の重賞(GII)競走です。施行主は、日本中央競馬会(JRA)です。
寄贈賞は産経新聞から提供され、産経賞オールカマーが正式名称です。

1995年から4歳(現3歳)以上の競走馬によるレースとして始まりました。
創設時の名称は「産経賞オールカマー」です。
施行条件や時期は時代とともに変わりました。
今では秋の天皇賞へのステップレースとして注目されています。

優勝馬には、スズパレード・オグリキャップなど名馬が名を刻んでいます。
しかし、名馬の登場も1980年代後半から1990年代までとなります。
宝塚記念が7月に行われるようになると、夏の休養が短くなってしまいました。

有力馬は、毎日王冠か京都大賞典を十分な休養の後の初戦として選ぶようになりました。
しばらくこのレースの優勝馬から同年のGIを制する馬は現れませんでした。

2007年の有馬記念を制したマツリダゴッホはこのレースの優勝馬です。
同年ではありませんが、2004年の優勝馬メイショウドトウは、翌年の宝塚記念を制しました。

サラ系の3歳(旧4歳)以上のJRA所属馬に出走資格があります。
それ以外には、地方所属の競走馬が2頭まで、外国調教馬が9頭までです。

秋の天皇賞への出走権が上位2位まで与えられるトライアル競走でもあります。
しかし、これは優先出走権ではない出走権で、また地方所属馬だけに権利があります。

グレード別定を負担重量とし、3歳は54㎏、4歳以上は57㎏です。
牡馬は2㎏減が基本で、他のレースの優勝馬にもハンディが課せられます。

ローズステークス

阪神競馬場芝1800mで行われるローズステークスは、
中央競馬の重賞(GII)競走です。
日本中央競馬会(JRA)によって執り行われています。
「関西テレビ放送賞ローズステークス(秋華賞トライアル)」が正式名称及び表記です。

関西テレビ放送から寄贈賞が出されています。
1983年にエリザベス女王杯のトライアル競走として始まりました。
このレースは4歳(現3歳)牡馬の競走馬によって開催されます。

現在までに条件や施行時期は変更され、現在に至っています。
大きな変更は、京都競馬場から阪神競馬場に会場を移したことです。

1996年に新設された秋華賞のトライアル競走となっています。
秋華賞には、3着入賞馬に優先出走権が与えられます。
3歳牡馬重賞路線の変更などにより、いろいろなレースが廃止されたり変更されました。
そのため、秋華賞の前哨戦としては唯一の3歳牡馬限定の重賞レースとなりました。
位置づけとしては紫苑ステークスよりも上位です。

有力馬の多くはこのローズステークスを経験して秋華賞を目指します。
出走資格はJRA所属馬でサラ系4歳(現3歳)の牡馬です。
それ以外は、3頭の地層所属の競走馬と9頭の外国調教馬です。
馬齢重量で54㎏が負担重量となります。

2009年現在連覇した騎手は3人で、河内洋、武豊、松永幹夫です。
武豊は、2度連覇を果たしています。
また、兄弟馬での優勝は史上初のヒシアマゾンとヒシピナクルの姉妹馬です。
賞金は、1着5200万円、2着2100万円、3着1300万円、4着780万円、5着520万円です。
賞金の総額は9900万円となります。

<前の5記事 1  2  3  4  5  6  7

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】