競馬予想 日経賞

日経賞

日本中央競馬会(JAR)が開催している競馬で日経賞があります。
中央競馬の重賞(G2)競争の1つで、中山競技場の芝2500mを使って開催されます。
優勝杯を提供する日本経済新聞の略称で日経と言うところから冠名がつけられています。

日本経済賞として創設され1953年に5歳以上の別定の重賞競争として始まりました。
第1回は6月に中山競馬場の芝3200メートルで、現在とは違います。
1956年は、中山競馬場の改修工事のため、東京競馬場の芝3200mで開催されました。
1958年に2600mに変更されています。

1964年に中山競馬場の改修工事のため東京競馬場の芝2500mで行われました。
1966年も同じく東京競馬場の芝2600mで開催されました。
1967年には距離を2500mに変更しました。
1984年に開催時期の変更をし、現在では関東での天皇賞の前哨戦と位置づけられています。

馬は三浦だけではなく、栗東からも出場していいます。
第32回に出場したモンテファスト等、多くの馬が天皇賞で優勝を果たしました。
1979年には日経賞に変更し福島競技場の芝2400mに変更となりました。
1981年にはまた、開催地が東京競馬場に移っています。

出走資格はサラ系4歳以上、JRA及び地方所属の競走馬です。
外国馬負担重量は、グレード別定で4歳馬56kg、5歳以上57kgとなっています。
牝馬限定のG1優勝馬を除くG1入賞馬は2kg、牝馬限定は1kgの負担です。
ただし、グレード・グループ優勝の2歳馬は対象外と定められています。

総額賞金は1億2,200万円で、1着6,400万円、5着まで640万円です。

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】

GⅠレースの目次

GⅡレースの目次

GⅢレースの目次

朝日チャレンジカップ  エルムステークス  府中牝馬ステークス  武蔵野ステークス
東京スポーツ杯2歳ステークス  京阪杯  中日新聞杯  愛知杯  京成杯オータムハンデキャップ
シリウスステークス  富士ステークス  ファンタジーステークス  福島記念  鳴尾記念
カペラステークス  ラジオNIKKEI杯2歳ステークス  関屋記念  北九州記念  新潟記念
札幌2歳ステークス  小倉2歳ステークス  小倉記念  函館2歳ステークス  キーンランドカップ
クイーンステークス  新潟2歳ステークス  ユニコーンステークス  CBC賞  ラジオNIKKEI賞
七夕賞  アイビスサマーダッシュ  エプソムカップ  マーメイドステークス  函館スプリントステークス
プロキオンステークス  函館記念  中山金杯  京都金杯  フェアリーステークス  シンザン記念
京成杯  平安ステークス  東京新聞杯  根岸ステークス  京都牝馬ステークス  小倉大賞典
共同通信杯  シルクロードステークス  ダイヤモンドステークス  きさらぎ賞  クイーンカップ
アーリントンカップ  阪急杯  オーシャンステークス  チューリップ賞  中京記念
中山牝馬ステークス  フラワーカップ  ファルコンステークス  毎日杯  マーチステークス
ダービー卿チャレンジトロフィー  福島牝馬ステークス  アンタレスステークス  新潟大賞典