GⅢレースごとに予想する!

GⅢレースの競馬予想

GⅢレースの目次

朝日チャレンジカップ  エルムステークス  府中牝馬ステークス  武蔵野ステークス
東京スポーツ杯2歳ステークス  京阪杯  中日新聞杯  愛知杯  京成杯オータムハンデキャップ
シリウスステークス  富士ステークス  ファンタジーステークス  福島記念  鳴尾記念
カペラステークス  ラジオNIKKEI杯2歳ステークス  関屋記念  北九州記念  新潟記念
札幌2歳ステークス  小倉2歳ステークス  小倉記念  函館2歳ステークス  キーンランドカップ
クイーンステークス  新潟2歳ステークス  ユニコーンステークス  CBC賞  ラジオNIKKEI賞
七夕賞  アイビスサマーダッシュ  エプソムカップ  マーメイドステークス  函館スプリントステークス
プロキオンステークス  函館記念  中山金杯  京都金杯  フェアリーステークス  シンザン記念
京成杯  平安ステークス  東京新聞杯  根岸ステークス  京都牝馬ステークス  小倉大賞典
共同通信杯  シルクロードステークス  ダイヤモンドステークス  きさらぎ賞  クイーンカップ
アーリントンカップ  阪急杯  オーシャンステークス  チューリップ賞  中京記念
中山牝馬ステークス  フラワーカップ  ファルコンステークス  毎日杯  マーチステークス
ダービー卿チャレンジトロフィー  福島牝馬ステークス  アンタレスステークス  新潟大賞典

札幌2歳ステークス

札幌2歳ステークスは、1966年に農林水産省 北海道3歳ステークスとして始まりました。
3歳(現2歳)による重賞レースです。幾度となく名称や競走条件・開催時期などが変更されました。

しかし、現在では夏競馬で唯一の2歳馬による中距離のレースとして親しまれています。
1996年までは札幌競馬場で行われるこのレースが2歳馬による最初の重賞競走でした。

最初は砂のコースで、1968年にダートに変更されました。
1989年には札幌競馬場に芝コースが設置されたことから翌年には芝1200mになりました。
1997年には、距離を芝1800mに変更、また、開催時期も9月下旬になりました。

そのため、翌年のクラシック競走を予想する上で重要なレースとなっています。
2001年には国際基準へ馬齢年齢を改めることから、出走条件が3歳から2歳に変わりました。

また、同時期に名称が「農林水産省賞典 札幌2歳ステークス」に改められました。
JpnIIIになっていた格付けが、2010年からは国際競争に指定されるためGIIIに戻ります。
このレースは特別指定交流競走になっています。

前走のクローバー賞、コスモス賞で2着以内に入った地方競馬所属馬も出走できます。
また、このレースで優勝した地方所属馬には優先出走できるレースがあります。

優先出走できるレースのひとつはは、阪神ジュベナルフィリーズです。
もうひとつは朝日杯フューチュチティステークスです。

今までに地方所属馬で優勝したのは2001年のヤマノブリザードです。2003年にはモエレエスポワールが優勝しています。
どちらの馬も、優勝したときに所属していたのはホッカイドウ競馬でした。

新潟記念

新潟記念は、新潟競馬場が現在地に移転された1965年に再開されました。
主催は日本中央競馬会で4歳(現3歳)の重賞競走です。

新潟競馬場で開催されるレースとしては、最も歴史が古くものです。
夏競馬開催最後の中距離重賞競走で、サマー2000シリーズの最終戦にもあたります。

しかし、有力馬は秋のレースを見据えてこのレースに出走することはまれです。
そのため、出走馬は一線級ではないことがあります。

過去の優勝馬には、名馬シンザンのライバルであったウメノチカラです。
また、秋の天皇賞を制したオフサイドトラップなどがいます。
最近では、GI競走で活躍する馬が現れることはほとんどありません。

新潟記念の出走資格は、サラ系3歳(旧4歳)以上です。
JRA所属馬でレース当日1週間前から1年前までの間に1回以上の出走経験が必要です。
そのほかは、JRAに認定された地方所属の競走馬2頭です。外国調教馬は9頭まで出走できます。
負担重量はハンデキャップで、強い馬と弱い馬の間にハンデキャップを設けます。
それによって、出走メンバーが多様化し、どの馬が勝利するか予想が困難になります。

賞金は、1着4300万円、2着1700万円、3着1100万円、4着650万円、5着430万円です。賞金総額は8180万円となります。

最初は、芝2000mの右・内回りで行われていました。
その後1974年から1999年までは、右・外回りで行われました。

2001年に現在の左回りのコースが完成し、芝2000mの左・外回りのレースになっています。
サマー2000シリーズの最終戦のため、チャンピオンを決めるレースにもなっています。

バックストレッチは659mと長く、この直線での攻防は見ているものをわくさくさせます。

北九州記念

北九州記念は1966年からJRA(日本中央競馬会)で、小倉競馬場で開催されています。
現在はテレビ西日本が寄贈したことでテレビ西日本北九州記念と名称が変わっています。

北九州記念はサマースプリントシリーズ5戦ある中3戦目に行われています。
出走の資格は3歳以上で規定期間、規定回数以上のJRA所属の競走馬です。

距離は1200mと短いために、その他の競争のデータとなっています。
結果、北九州記念を踏台にアストンマーチャンなどが過去の大会を制しています。

過去に様々な記録がたくさん生まれています。
1973年~1974年に調教師として故・服部正利さんが初の連覇を成し遂げています。
また現在は馬主で元騎手の岩本市三さんが1982年に大会初となる連覇をしてます。

記憶に新しい2007年に戸肥騎手以来17年ぶりに角田騎手が連覇をしました。
賞金は1着4,100万円2着1,600万円3着1,000万円となっています。
サマースプリントを総合優勝すると5,000万円のボーナスも貰えます。

2009年から国際競争となり外国に厩舎を持つ調教師に管理された競走馬も出走が可能です。
出走には、外国馬の数は限定されています。また2009年には国際競争だけでなく格付をGⅢと上げられています。
ハンディキャップの重賞競争ということで注目大の看板となる競争となりました。
暦上の季節は秋となりますが、まだまだ暑い時期凄く期待が高まる競争です。

関屋記念

リニューアルした新潟競馬場での関屋記念は、高速決着が求められるのが定番です。

スピード一辺倒と言う感じで秋の一連のG1レースの参考にすることはできません。
成長著しい4歳馬よりも人気薄でも7歳馬を中心としたベテラン勢の活躍がめだちます。
たとえ人気薄であっても7歳馬の出走があれば注目しても損はないでしょう。

競馬場のリニューアル後のラップタイムに注目してみると際立った特徴がみて取れます。
広大で日本一の長い直線がスピード決着の要因です。
ラップを折れ線グラフで表すと関屋記念独特の傾向がつかめます。

新潟の芝1600メートルはめったにハイペースになることはありません。
全体のバランスから考えるとリスローに近い流れになります。
リスローの流れであれば特に脚質の有利・不利は考える必要はないでしょう。

人気馬の連帯率を見てみますと一番人気が連に絡む確率は非常に高く安定感があります。
また6番人気以下が連に絡む確率も高く堅いレースとは言えません。6番人気以下の7歳馬を絡めた高配当が狙い目です。
夏場の実績も考慮すべきであり特に芝左回りに実績を残した馬が狙い目となります。

また芝1600mに連帯した馬がベストとは言えません。芝1800m、2000mに実績を残した馬の好走が見逃せません。
芝1800m、2000mで連に絡んでいる馬の連帯率が圧倒的に高くなっています。

本命決着と波乱が入り乱れて毎年かなり難解なレースとなっております。
人気馬を中心に人気薄のベテラン馬を絡め、芝左回りの実績を考慮するのがベストです。

関屋記念は勢いよりキャリアこれがすべてです。

ラジオNIKKEI杯2歳ステークス

ラジオNIKKEI杯2歳ステークスは冬に阪神競馬場の芝2000Mのコースを使用して
2歳の競走馬によって行われる重賞競走(G3)である。

このレースには年明けから始まる3歳戦線における有力馬が
多頭数出走する事で知られ、その優勝馬はもちろん、ここで力を示した馬は
3歳クラシックなどで活躍する事が多い事が有名である。

見どころはやはり未完の大器、その走りだ。

前述の通り、このレースには3歳戦線を見据えた大型馬が多頭数出走し、
このレースで活躍した馬は毎年の様に3歳のG1戦線を賑わせている。

この事から、馬主や調教師にとってこのレースは3歳G1宣戦を占う大事な一戦とされ、
特に牡馬の顔ぶれと実力に至っては2歳G1である
朝日杯フューチュリティステークスに出走する馬を凌ぐと言われているほどである。

故に、競馬ファンにとっては将来のスターホースの台頭を目の当たりに出来ることから
グレードこそG3だがその価値はとてもその類では無いと言えるだろう。

また、このレースで優勝し、後に活躍した馬は見たものに
必ず何かしらのインパクトを与えるという。

どこか他の馬と違う、普通じゃない、と。
走れば分かる、勝てばなお分かる。

競馬ファンの希望となるスターホースが生まれる場、
それがラジオNIKKEI杯2歳ステークスだ。

<前の5記事 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】