GⅢレースごとに予想する!

GⅢレースの競馬予想

GⅢレースの目次

朝日チャレンジカップ  エルムステークス  府中牝馬ステークス  武蔵野ステークス
東京スポーツ杯2歳ステークス  京阪杯  中日新聞杯  愛知杯  京成杯オータムハンデキャップ
シリウスステークス  富士ステークス  ファンタジーステークス  福島記念  鳴尾記念
カペラステークス  ラジオNIKKEI杯2歳ステークス  関屋記念  北九州記念  新潟記念
札幌2歳ステークス  小倉2歳ステークス  小倉記念  函館2歳ステークス  キーンランドカップ
クイーンステークス  新潟2歳ステークス  ユニコーンステークス  CBC賞  ラジオNIKKEI賞
七夕賞  アイビスサマーダッシュ  エプソムカップ  マーメイドステークス  函館スプリントステークス
プロキオンステークス  函館記念  中山金杯  京都金杯  フェアリーステークス  シンザン記念
京成杯  平安ステークス  東京新聞杯  根岸ステークス  京都牝馬ステークス  小倉大賞典
共同通信杯  シルクロードステークス  ダイヤモンドステークス  きさらぎ賞  クイーンカップ
アーリントンカップ  阪急杯  オーシャンステークス  チューリップ賞  中京記念
中山牝馬ステークス  フラワーカップ  ファルコンステークス  毎日杯  マーチステークス
ダービー卿チャレンジトロフィー  福島牝馬ステークス  アンタレスステークス  新潟大賞典

シンザン記念

シンザン記念は、京都競馬場の芝外回り1600メートルで
日本中央競馬会(JRA)が開催する重賞GⅢレースで、シンザン記念の名称は、
1964年に3歳馬(元の4歳馬)クラシック牡馬三冠を達成した
シンザンを記念してつけられました。

なお、正式名称は日刊スポーツ賞シンザン記念です。
第1回は、1967年、京都競馬場芝外回り1600メートルの
4歳馬(今は3歳馬)限定の別定重量の重賞レースとして開催され、
基本負担重量は52キロでした。

1971年、牡馬・せん馬の基本負担重量は54キロに増えています。
さらに1981には基本負担重量が牡馬・せん馬は55キロ、牝馬が53キロになりました。
1984年にはグレード制により重賞GⅢに格付けされました。
1995年、混合レースに指定され、翌年の1996年には特別指定レースとなり、
地方所属馬が2頭まで出走可能になりました。

2001年、馬齢表示の変更で出走条件が4歳馬から3歳馬に変更されています。
また、2003年にはさらに基本負担重量が牡馬・せん馬56キロ、牝馬54キロに増やされました。

なお、2004年の第38回レースはJRA創設50周年の記念レースとして開催されています。
2009年、シンザン記念は混合レースから国際レースに変更され、
これに伴い外国調教馬の出走枠が8頭まで増やされました。

出走資格は現在サラ系3歳馬で、負担重量は牡馬・せん馬が56キロ、牝馬が2キロ減、
獲得賞金2000万円以上の馬は2キロ増、重賞レース優勝の外国馬は1キロ増です。

勝ち馬の傾向としては、朝日杯FSなどの前走からのステップ馬が狙い目のようです。

フェアリーステークス

フェアリーステークスは、中山競馬場の芝外回り1600メートルで
日本中央競馬会(JRA)が開催する重賞GⅢレースで、
英語のフェアリーとは妖精という意味です。

第1回は、1984年に中山競馬場の芝外回り1600メートルでの
3歳馬(今は2歳馬)牝馬限定の馬齢重量の重賞(GⅢ)レースとして開催されました。
因みに第1回レースの名称は「テレビ東京賞3歳牝馬ステークス」でした。
後、1991年にコース距離が1200メートルに短縮されています。

1993年、混合レースの指定を受け、翌年の1994年に、
名称が現在の「フェアリーステークス」になりました。
1996年には特別交流レースに指定され、地方所属馬は2頭までが出走可能になりました。

2001年の馬齢表示変更に伴い、出走資格が3歳牝馬から2歳牝馬に変更されています。
地方所属馬の出走枠は2002年に3頭までに拡大されています。
2008年には開催条件の変更準備が理由で休止しましたが、
2009年にフェアリーステークスは混合レースから国際レースに変更され、
外国調教馬が8頭まで出走可能になっています。
また、同年に開催時期を12月から1月に変更し、出走資格が2歳牝馬から3歳牝馬に変更され、
コース距離も芝外回り1600メートルに変更されています。
さらに同年、負担重量が馬齢重量から別定重量になりました。

現在の出走資格は、サラ系3歳牝馬で、負担重量は54キロ、
賞金2000万円以上獲得馬は1キロ増、重賞優勝外国馬も1キロ増です。

勝ち馬の傾向としては、それまでの重賞でまずまずの好い走りをした馬が結果を出すようです。

京都金杯

京都金杯は、日本中央競馬会(JRA)が
京都競馬場の芝(外回り)1600メートルで開催する重賞GⅢレースで、
正式にはスポーツニッポン賞京都金杯と言います。

このレースの始まりは1963年に「迎春杯」の名称で京都競馬場の芝2000メートルの
5歳馬(今は4歳馬)以上の別定重賞レースとして行われたのが第1回です。
1966年にレース名が「金杯」になりました。
1981年に負担重量が別定からハンデキャップに変更され、
1984年にはグレード制により重賞GⅢに格付けされました。
1989年の第27回レースは、元号が昭和から平成へと改元されたため、
昭和時代の関西地区での最後の重賞レースになっています。

1993年に混合レースに指定され、1996年には、中山競馬場で開催される
金杯(中山金杯)と区別するため、名称が「京都金杯」になりました。
2000年にはコース距離が現在の芝外回り1600メートルに短縮されています。
2001年、馬齢表示の変更に伴い出走条件が5歳馬以上から4歳馬以上になりました。
2006年には混合レースから国際レースに変更されたのを機に、
外国調教馬が4頭まで参戦できるようになり、2007年にはその枠が8頭まで拡大されました。

2008年、京都金杯はJRAプレミアム対象レースに指定されています。
現在の出走条件はサラ4歳馬以上、負担重量はハンデキャップ制です。

京都金杯は、高松宮記念や安田記念への参戦を目指す
短距離を得意とする馬が参戦することで知られています。
勝ち馬の傾向は前走で着順が良かった馬が狙い目かも知れません。

中山金杯

中山金杯は、中山競馬場の芝2000メートルで
日本中央競馬会(JRA)が開催する重賞GⅢレースで、
正式名称は日刊スポーツ賞中山金杯と言います。

第1回のレースは1952年に中山競馬場の芝2600メートルで
5歳馬(今は4歳馬)以上のハンデキャップの重賞レースとして1月中旬に開催されています。
1954年に負担重量が別定に変更されました。
その後1961年にはコース距離が2000メートルに短縮され、
負担重量もハンデキャップ制に戻されました。

1970年から約10年間は開催場所が東京競馬場に変更されましたが、
1980年に中山競馬場に戻りました。
1984年のグレード制により中山金杯は重賞GⅢに格付けされています。
1989年1月5日に開催された第38回レースは元号が昭和から平成に改元されたため、
結果的には昭和時代の関東地区での最後の重賞レースになりました。
1994年、混合レースに指定され、1996年から、京都競馬場で開催されている
金杯(京都金杯)との区別をつけるため、レース名称が「中山金杯」になりました。

2001年の馬齢表示変更に伴い、出走条件が5歳馬以上から4歳馬以上に変更されました。
2006年には、混合レースから国際レースに変更されて、外国調教馬が4頭まで出走可能になり、
翌年の2007年には外国調教馬の出走枠は8頭に拡大されています。

中山金杯は2008年にJRAプレミアム対象レースに指定されました。
現在の出走条件は、サラ系4歳馬以上、負担重量はハンデキャップ制です。

勝ち馬の傾向を見ると1番人気はリスクが高そうです。
また、侮りがたいのが5歳馬や6歳馬のような高齢馬のようです。

函館記念

函館記念は、日本中央競馬会(JRA)が
函館競馬場の芝2000メートルで開催する重賞GⅢレースで、
正式名称は農林水産省賞函館記念です。

第1回は、昭和40年(1965)、4歳馬(今は3歳馬)以上のハンデキャップレースとして、
函館競馬場の芝2400メートルで開催されました。

昭和43年(1968)からコース距離が現在の芝2000メートルになりました。
10年後の昭和53年(1978)、混合レースに指定され、昭和59年(1984)、
グレード制により重賞GⅢに格付けされています。

平成6年(1994)、負担重量が別定に変更され、この年には函館競馬場が改修工事中のため、
馬場を札幌競馬場に移して、芝2000メートルで開催されました。

平成9年(1997)、一旦は特別指定交流レースから除外され、
負担重量がハンデキャップに戻されましたが、
翌年の平成10年(1998)再び特別指定交流レースに指定され、
地方所属馬が2頭まで出走可能になっています。

平成18年(2006)には「サマー2000シリーズ」の第2戦に組み込まれています。
平成21年(2009)、混合レースから国際レースへの変更に伴い
外国調教馬の出走枠が8頭までに拡大されています。

開催時期である7月の北海道は比較的涼しいので
サラブレッドには過ごしやすい気候です。
そのため、秋競馬への参戦を見据えたレースとして出走する馬が多く、
また、札幌記念が重賞GⅡに格上げされてからは、 上り調子の上がり馬の参戦が増えています。

<前の5記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】