GⅢレースごとに予想する!

GⅢレースの競馬予想

GⅢレースの目次

朝日チャレンジカップ  エルムステークス  府中牝馬ステークス  武蔵野ステークス
東京スポーツ杯2歳ステークス  京阪杯  中日新聞杯  愛知杯  京成杯オータムハンデキャップ
シリウスステークス  富士ステークス  ファンタジーステークス  福島記念  鳴尾記念
カペラステークス  ラジオNIKKEI杯2歳ステークス  関屋記念  北九州記念  新潟記念
札幌2歳ステークス  小倉2歳ステークス  小倉記念  函館2歳ステークス  キーンランドカップ
クイーンステークス  新潟2歳ステークス  ユニコーンステークス  CBC賞  ラジオNIKKEI賞
七夕賞  アイビスサマーダッシュ  エプソムカップ  マーメイドステークス  函館スプリントステークス
プロキオンステークス  函館記念  中山金杯  京都金杯  フェアリーステークス  シンザン記念
京成杯  平安ステークス  東京新聞杯  根岸ステークス  京都牝馬ステークス  小倉大賞典
共同通信杯  シルクロードステークス  ダイヤモンドステークス  きさらぎ賞  クイーンカップ
アーリントンカップ  阪急杯  オーシャンステークス  チューリップ賞  中京記念
中山牝馬ステークス  フラワーカップ  ファルコンステークス  毎日杯  マーチステークス
ダービー卿チャレンジトロフィー  福島牝馬ステークス  アンタレスステークス  新潟大賞典

七夕賞

「七夕賞」というレース名は開催月の7月の七夕に由来します。
七夕賞は日本中央競馬会(JRA)により福島競馬場で開催される
芝2000メートルの重賞GⅢレースです。

開催月が7月ということで、前後のレースとの兼ね合いもあり、
超一流馬の出走がないことなどから、
昭和54年(1979)から平成16年(2004)までの連続26年間、
一番人気馬が勝てなかった重賞レースとして知られています。

七夕賞の歴史をみると、第1回は昭和40年(1965)で、
福島競馬場の芝1800メートルの4歳馬(今は3歳馬)以上の
ハンデキャップ重賞レースとして開催されています。

昭和47年(1972)に負担重量が別定重量に変更されましたが、
昭和49年(1974)、ハンデキャップレースに戻されました。
昭和51年(1976)、名称が「東北記念」と改称されましたが、
昭和55年(1980)にまた現在の「七夕賞」に戻っています。

同年には距離も現在の芝2000メートルに変更されています。
昭和59年(1984)のグレード制採用により重賞GⅢに格付けされました。

平成7年(1995)、混合レースに指定され、その後、平成14年(2002)に、
特別指定交流レースになり、地方所属馬が2頭まで出走可能になりました。

平成18年(2006)には、混合レースから国際レースに変更され、
外国調教馬が4頭まで出走可能になり、さらに、平成19年(2007)からは
その枠が8頭に拡大されています。
夏の最中に開催される「七夕賞」は東北の夏の風情のひとつと言えます。

ラジオNIKKEI賞

ラジオNIKKEI賞は、日本中央競馬会(JRA)が
福島競馬場の芝1800メートルで開催する重賞GⅢレースです。
冠名は何回か変更されましたが、平成18年(2006)に、
賞を提供する日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)にちなんで改称されました。

最初のレースは昭和27年(1952)、
中山競馬場の芝1800メートルの4歳馬(今は3歳馬)の別定重賞レース、
中山4歳ステークスとして開催されました。昭和29年(1954)、
距離が2000メートルに変更されましたが、翌年には1800メートルに戻されました。
昭和36年(1961)、名称が日本短波賞に変更され、昭和54年(1979)、
名称がラジオ短波賞になっています。

昭和47年(1972)、混合レースに指定され、昭和54年(1979)の賞名変更時に開催場所が
福島競馬場の芝1800メートルに移されました。
昭和59年(1984)のグレード制採用により重賞GⅢに格付けされるとともに、
一旦は混合レースから除外されましたが、平成4年(1992)、混合レースに戻されました。

平成13年(2001)、再び混合レースから除外されましたが、
平成17年(2005)にまた混合レースになりました。

平成18年(2006)に現在の名称に変更されるとともに、
負担重量がハンデキャップに変更されています。
その後、平成21年(2009)に混合レースから国際レースに変更され、
外国調教馬が8頭まで出走可能になっています。

CBC賞

CBC賞は日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で開催する芝1200メートルの重賞GⅢレースです。
冠名は、ラジオで実況中継を行い、かつ優勝杯を授与する中部日本放送(CBC)からつけられました。

CBC賞は昭和40年(1965)12月に4歳馬(今は3歳馬)以上のハンデキャップレースとして設けられました。
第1回から第5回までは中京競馬場のダート1800メートルのコースでしたが、
翌年から負担重量が別定に変更されました。

コースも昭和45年(1970)にダートから芝1800メートルに変更され、
さらに翌46年(1971)からは芝1400メートルに短縮。

その後、コース距離は昭和56年(1981)に現在の1200メートルとなり、
昭和59年(1984)のグレード制採用に伴い、重賞GⅢに格付けされました。

開催時期は平成2年(1990)、6月に変更され、
一旦は重賞GⅡに格上げされて、混合レースの指定を受けました。
開催時期が平成8年(1996)に11月へ変更され、指定交流レースになり、
地方所属馬も3頭までは出走が可能になりました。

平成12年(2000)には開催時期が12月に変更。レースも特別指定交流に変更され、
JRAに認定されていない地方所属馬の出走がなくなり、JRA認定地方所属馬の出走枠も2頭に減りました。
平成16年(2004)、レースは混合から国際レースになり、
平成19年(2007)には外国調教馬の枠が9頭になっています。

なお、平成18年(2006)、再びGⅢに格下げされ、開催時期が6月になりました。 

ユニコーンステークス

ユニコーンは架空の動物で一角獣のことです。
実在の動物ではありませんが、想像で描かれた姿のほとんどは馬に似ています。

ユニコーンステークスは、日本中央競馬会(JRA)が平成8年(1996)9月に当時の4歳馬(今は3歳馬)の
重賞GⅢレースとして新しく設けました。第1回のレースは中山競馬場のダート1800メートルで開催されました。

翌年は東京競馬場(府中)のダート1600メートルに移りましたが、
平成10年(1998)に、再び中山競馬場のダート1800メートルに戻されています。
平成13年(2001)からは、それまで9月または10月の開催時期が6月の初めに変更され、
開催場所は東京競馬場、距離がダート1600メートルとされました。

ダートでの3歳馬が頂点を競うジャパンダートダービーへ向けての重要なレースとして位置づけられています。
出走馬の負担重量は、当初は定量重量でしたが、平成14年(2002)、別定重量に変更されました。平成15年(2003)、
基本負担重量が牡馬・8囈nが56キロに、牝馬が54キロに変更されています。

このレースの特徴のひとつは、レースでの優勝馬の多くが、のちに格上の重賞であるGⅠレースを制していることで、
ユニコーンステークスは出走馬にとっての出世レースになっています。

出走資格は3歳(現)のJRA所属競争馬と、頭数が4頭までと制限されていますが地方所属の競争馬、
及び外国調教馬8頭までになっています。

新潟2歳ステークス

新潟2歳ステークスは、1981年に新潟3歳ステークスとして創設されていました。
2001年の馬齢表示の国際基準への変更に伴い、競争名が変更されました。

現2歳の3歳の馬齢重量で行われる重賞競争です。第1回は新潟競馬場の芝1200メートルで行われました。
1997年から距離が芝の1400メートルに変更されました。1996年と2000年は新潟競馬場の馬場改修のため、
中山競馬場で行いました。

新潟競馬場のコースは1999年まで右回りでした。左回りの新コースが完成した後は、
本競争は芝1400m左内回りで行われました。2002年からは1600m左外回りに変更され、
2歳戦で行われる最初の重賞となりました。

新潟2歳ステークスは1994年から混合競争に指定され、外国産馬が出走可能になりました。
1995年から中央競馬特別指定交流競争となりました。指定競走で2着以内の地方馬に出走資格が与えられました。
2009年は函館2歳S、ダリア賞の2着以内の馬が出走可能でした。新潟2歳ステークスは、
新潟の芝1600メートル外回りが舞台です。東西の若い馬たちがスピードとスタミナを競い合っています。
ですので、夏の新潟開催のフィナーレを飾るレースとして定着しています。

本競争は関東エリアでの重賞ですが、1600メートルの距離を求める関西馬も多いです。
しかしこの距離の過去7年は、関東馬が5勝、2着が6回と好成績を挙げています。
関西馬で勝利した2頭はともに、前走が阪神競馬場で勝利していた馬でした。
前走が小倉競馬場の14頭が参戦していますが、すべて4着以下の苦戦を強いられました。

<前の5記事 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】