GⅢレースごとに予想する!

GⅢレースの競馬予想

GⅢレースの目次

朝日チャレンジカップ  エルムステークス  府中牝馬ステークス  武蔵野ステークス
東京スポーツ杯2歳ステークス  京阪杯  中日新聞杯  愛知杯  京成杯オータムハンデキャップ
シリウスステークス  富士ステークス  ファンタジーステークス  福島記念  鳴尾記念
カペラステークス  ラジオNIKKEI杯2歳ステークス  関屋記念  北九州記念  新潟記念
札幌2歳ステークス  小倉2歳ステークス  小倉記念  函館2歳ステークス  キーンランドカップ
クイーンステークス  新潟2歳ステークス  ユニコーンステークス  CBC賞  ラジオNIKKEI賞
七夕賞  アイビスサマーダッシュ  エプソムカップ  マーメイドステークス  函館スプリントステークス
プロキオンステークス  函館記念  中山金杯  京都金杯  フェアリーステークス  シンザン記念
京成杯  平安ステークス  東京新聞杯  根岸ステークス  京都牝馬ステークス  小倉大賞典
共同通信杯  シルクロードステークス  ダイヤモンドステークス  きさらぎ賞  クイーンカップ
アーリントンカップ  阪急杯  オーシャンステークス  チューリップ賞  中京記念
中山牝馬ステークス  フラワーカップ  ファルコンステークス  毎日杯  マーチステークス
ダービー卿チャレンジトロフィー  福島牝馬ステークス  アンタレスステークス  新潟大賞典

クイーンステークス

クイーンステークスは1953年秋、東京競馬場の芝2000メートルの距離で行われました。
現3歳の4歳牝馬限定で、別定の重賞競争として創設されました。
その後、開催地を東京競馬場と中山競馬場に何度も変更して行われました。

中山競馬場では、1988年の新潟競馬場を除き1980年から1999年まで行われました。
出走資格は1991年からの混合競争であり、外国産馬に門戸が開放されました。

その後クイーンステークスは、1995年からエリザベス女王杯トライアルに指定されました。
そのため中央競馬指定交流競争として地方馬にも出走資格が与えられました。
さらに1996年にはGI秋華賞が新設され、サブタイトルが秋華賞トライアルに改称しました。

現3歳の4歳牝馬で、距離は芝1800メートルに変更されました。
2000年の牝馬競争体系の整備にて、本競争は開催の舞台を8月の札幌競馬場に移しました。
そして現3歳の4歳以上の牝馬限定の芝1800メートルになりました。

混合、別定、特別指定の重賞競争となり大きく生まれ変わりました。
秋華賞や秋の天皇賞、エリザベス女王杯など秋の大レースを目指す牝馬が目立ちます。
これらのレースへのステップレースとして参戦する傾向が強くなってきているためです。
また、本競争は2009年から国際競争となり、7頭まで外国馬の出走が認められました。

過去9年の内の8年で、4コーナーで先頭だった馬が優勝しています。
そのうちの6頭が逃げの戦法をとり、2頭が好位から4コーナーで先頭に立ちました。
4コーナー先頭で唯一敗れた馬は、スターリーヘヴンです。
2005年に単勝6番人気でしたが、逃げの戦法をとり14着に終わりました。
そのため毎年、逃げ馬や早めに仕掛けられる馬から目が離せません。
前で競馬を進められる馬が有利という傾向があります。

キーンランドカップ

キーンランドカップの前身は、1996年に創設されたオープン特別競争です。
現3歳の4歳以上の別定、混合、特別指定です。その後競争条件や距離の変更を経て、
2006年には年間を通じたGIIIに格上げされました。GIIIに格上げされる際、短距離重賞競争の整備が行われました。

また、キーンランドカップはサマースプリントシリーズの第4戦に指定されました。
ですから、シリーズ優勝を目指す馬にとって重要な一戦です。

第1回のキーンランドカップは、札幌競馬場の芝1200メートルで行われました。
スプリンターズSへ向けてのステップレースとなっています。
そのため、スピード自慢の快走馬たちが多く出場しました。

第1回からの混合競争として外国産馬の出走が認められました。
地方馬はスプリンターズS出走候補馬3頭が出走可能で、中央競走指定交流競争です
。 さらに2009年から国際競争となり、外国馬は8頭まで出走可能となりました。

レース名のキーランドとは、アメリカのケンタッキー州レキシントンにあります。
馬産の中心地で、ジュライセールなどのサラブレッドのセリ市場です。
また、キーランド競馬場がありG1レースが行われていることで有名です。

1999年以降の10年間に、3歳以上、札幌の芝1200mの条件下で166レース行われました。
この際の調査で、位置取りと成績の関係性が分かりました。
4コーナーで先頭の馬が3着内率で50パーセントを超える優秀な数値でした。
過去3回のレースでも、連対馬6頭のうち4頭は4コーナー4番手以内でした。
また、残る2頭も4コーナー8番手以内でした。このような位置取りと成績の関係を知っておくと良いでしょう。

函館2歳ステークス

函館2歳ステークスは、1969年に第1回函館3歳ステークスとして創設されました。
芝1200mコースでのレースです。
今では、函館でデビューしたJRA所属馬と地方所属馬の対抗戦として親しまれています。

1997年に函館競馬場と札幌競馬場の開催順が入れ替わりました。
そのため、中央競馬で行われる最初の2歳馬の重賞レースとなりました。

1997年からの優勝馬でGI級競走で勝ったのはアグネスワールドのみです。
このレースは、特別指定交流競走です。前走の「ラベンダー賞」で2着以内に入ると地方競馬所属馬も出走できます。

そして地方所属馬が優勝すると優先出走できるレースがあります。
阪神ジュベナイルフィリーズか朝日杯フューチュチティステークスのいずれかです。

今までに優勝した地方競馬所属馬は、次のとおりです。
1998年のエンガセカロ、2005年のモエレジーニ、2007年のハートオブクィーンの3頭です。

どの馬も優勝当時はホッカイドウ競馬所属でした。
競馬番組では、地方競馬所属馬が出走する場合、特別な取り決めがあります。
それは、競走の取りやめは行わないことです。函館2歳ステークスの出走資格は、
サラ系の2歳馬でJRA所属馬です。それ以外には、所定の条件を満たした地方競馬所属馬ということになります。

負担重量は、馬齢重量で54キロと定められています。
賞金は、1着3200万円、2着1300万円、3着800万円、4着480万円、5着320万です。
賞金総額は6100万円にも上ります。

デビューしたばかりの2歳馬によるレースのため思わぬ展開になることがあります。
それがまたファンを魅了する要因でしょう。

小倉記念

重賞競走の中で最も古いのは、小倉競馬場で行われる小倉記念です。
このレースは1965年に4歳現3歳)以上のハンデキャッップの重賞競走として始まりました。

芝2000mの距離で行われるレースで、小倉競馬場改修中は京都競馬場で行われました。
1995年から5年間は別定重量で行われましたが、2000年から元に戻されました。

混合競走に指定されたのは1995年から2003年及び2005年以降です。
また、同時期に外国産馬にも出走資格が与えられました。

地方馬が2頭出走可能な中央競馬特別指定交流競走となったのは1996年です。
国際競走となったのは2009年で、外国馬が9頭まで出走可能となりました。

サマー2000シリーズという企画が2006年から催されており、第3戦が小倉競馬です。
初年度のこのシリーズは第3戦を制したスウィフトカレントが初代王者になりました。
小倉大賞典と北九州記念の2つの競走とともに小倉三冠とよばれています。

小倉三冠を達成した馬に最近では、2005年のメイショウカイドウがいます。
小倉記念で2回優勝したのはロサードとメイショウカイドウだけです。
メイショウカイドウの2勝は連覇で、ロサードは間が1年あいています。

走馬の活躍を分析してみると、他の重賞レースで苦戦している馬が強い傾向にあります。
出走できる資格は、サラ系3歳以上の馬です。
また、JRA所属の競走馬で、1年以内に1回以上出走したことが必要条件となります。

賞金総額は8,180万円、1着4,300万円、2着1,700万円、3着1,100万円です。
それから下は4着650万円、5着430万円と決められています。

小倉2歳ステークス

小倉2歳ステークスは、1981年に創設された3歳の馬齢重量で争われる重賞競走です。
芝1200のコースで行われ、小倉競馬場の馬場改修の際は京都競馬場で開催されました。

1995年から混合競走に指定され、外国産馬も出走が許可されました。
1996件からは、中央競馬特別指定交流競走となりました。
そのため、フェニックス賞の2着以内に入った地方馬には、出走資格が与えられています。

小倉競馬場で開催される夏の最後のレースで、2歳チャンピオンが決定するレースです。
馬齢表示が国際基準になり小倉3歳ステークスから小倉2歳ステークスに変更されました。

優勝馬には前評判のいい馬より、伏兵が多いのが特徴です。
このレースまでに3戦以上出走している馬の3着以内率は30.3%にもなります。
出走経験があり、かつレース慣れしている馬が勝つ確率が高い結果がでています。

最近の10年間で1番人気が連対を成し遂げたのは、1度だけです。
10番人気や15番人気の馬が勝つことがあるので、読みづらいレースといえます。

同日に新潟2歳ステークスが行われることが多く、関東場の出走はまずありません。
2歳戦のスタート時期が早くなったこともあり、GI・JpnIレベルの馬がでてきています。

夏にデビューした九州産馬にとって、もっとも狙いやすい重賞競走です。
馬齢重量で54㎏が負担重量条件となります。

賞金は、1着3200万円、2着1300万円、3着800万、4着480万円、5着320万円です。
優勝レイは現在、黄色地に赤色文字となっています。
2010年からは、国際競争に指定され、格付け表記もGIIIに戻ります。

<前の5記事 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】