競馬場から予想

阪神競馬場

阪神競馬場は、2006年に改修工事を行いました。
それにより1周の距離は東京競馬場より長くなりました。
改修工事で直線も長くなりましたが、それ以上に大きく影響した部分があります。
それは1600mのレースのスタート地点が変更したことです。
これにより、魔の阪神1600mと呼ばれた荒れた結果になりにくくなりました。
これは阪神競馬場で行われるレースを予想するうえで重要です。

阪神競馬場で行われる重賞にラジオNIKKEI杯2歳Sがあります。
ラジオNIKKEI杯2歳Sは2歳時のG1の朝日杯よりも注目されています。
それはラジオNIKKEI杯2歳Sの勝ち馬、出走馬がその後活躍してきたからです。
将来の活躍馬が出走するラジオNIKKEI杯2歳Sは今後の予想のためにも注目です。

ここまで2歳時の有力馬が集まるのには理由があります。
その理由としてその裏で開催されている中山競馬場の馬場状態が悪いことがあります。
12月の馬場は、中山競馬場の馬場状態より良いです。
2歳時に悪い馬場で無理に走るよりは馬場の良い競馬場を選んでいるのです。

次にNIKKEI杯2歳Sの距離が2000mというところです。
3歳時に出走できるG1のほとんどは2000m以上です。
しかし2歳時には2000mのレースはあまりありません。
むしろ2歳時には1600m以下のレースの方がほとんどです。
3歳になってもG1の皐月賞までに2000mの重賞は3つしかありません。
そこで若いうちに2000mのレースを経験させるために出走させるのです。

小倉競馬場

小倉競馬場の直線は293mです。
主要4競馬場に比べると短いですが、極端に短いということはりません。
さらに直線に坂もありません。
直線には坂がありませんが2コーナーには坂があります。
この坂の高低差は2.96mです。
ちなみにダートコースの坂の高低差は2.9mになっています。

小倉競馬場で活躍した馬にメイショウカイドウがいます。
メイショウカイドウは、一年の間で小倉三冠と呼ばれるレースを勝った馬です。
2008年には、誘導馬としても活躍しました。
メイショウカイドウはデビュ-から4戦連続でダートで未勝利でした。
芝に転向してからも4戦は勝てませんでした。
それから、1800mのレース出走して初勝利をします。

その後の1年は笠松競馬場でのダートのレースを勝ちます。
しかし、それからまた芝とダートのレースを繰り返すことになります。
そして初勝利から1年後、芝1800mのレースを3連勝します。

それから東京競馬場で1勝した後は北九州記念G3 で2着に健闘しました。
その後小倉記念G3を1番人気で重賞初勝利をおさめます。
そこから翌年の2005年小倉三冠と呼ばれるレースを勝ちます。
2005年は小倉三冠以外にも中山記念、毎日王冠、マイラーズC等も出走していました。
2006年には福島競馬場の七夕賞を勝ちます。

しかしメイショウカイドウの勝利のほとんどは小倉競馬場でした。
特定の距離だけでなく競馬場での勝率が非常に高い馬です。
こういった馬はまれですが、予想するうえで参考にしてみて下さい。

姫路競馬場

姫路競馬場は、姫路市にある地方競馬場で、正式には姫路公園競馬場といいいます。
開催は尼崎市にある園田競馬場と交互に行われています。

姫路競馬場では近畿地区では中央競馬の馬券を唯一磁気の馬券を発券していました。
2008年に2階の自動発券機の入れ替えを行いました。
それにより近畿地区から磁気の馬券の発売はなくなりました。

特徴として内馬場には野球場があります。
その野球場は軟式野球専用です。

近年では経営状況悪化で重賞が廃止されています。
経営悪化の理由として人気騎手の中央競馬移があります。
姫路、園田競馬場には毎年のようにリーディング争いをしていた騎手がいました。
岩田騎手と小牧旗手です。
予想する側からしてもこの2人がいたときは予想が楽でした。
そしてスターホースの不在も経営悪化の原因のひとつです。
その他に競馬をする若者がすくなくなったこともあげられます。

しかし籍経営改善のためスーパーカラービジョンを2004年に導入しています。
観覧席には姫路競馬ならではの特徴があります。
ゴール前、直線だけでなくコース全体を見渡せる特別観覧席です。
その他に特別招待席。
100インチのモニターでレースを見られる映像ホールもあります。
このように、姫路競馬場ではいろいろな形で競馬を楽しむことができます。
競馬ファンなら一度は足をはこんでみてはいかかでしょうか。
それにより少しでも姫路競馬の経営悪化を改善させることができるかもしれません。

園田競馬場

園田競馬場は、兵庫県尼崎にある競馬場です。
園田競馬場のレースの馬券は、開催中は姫路競馬場でも購入することができます。
また園田競馬開催時の火、水、木曜日はウインズ神戸でも馬券を購入できます。
ウインズ難波でも開催時の水曜日に購入できますが、振替える場合もあります。
発売している馬券では枠番連単の発売はありません。

園田競馬場では1990年後半、岩田康成、小牧太の2大ジョッキーがいました。
現在は2名とも中央競馬に移籍しています。
現在は岩田騎手、小牧騎手は中央競馬に移籍して活躍中です。
こういったように地方競馬で活躍した騎手が中央競馬でも活躍しています。

中央競馬でのレースを予想するうえで元地方競馬の騎手の扱いは重要です。
中央競馬の重賞においても活躍しています。
地方競馬でかなりの騎乗数をこなしてきたせいか信頼もあります。
人気馬に騎乗する回数も多くみられます。
元地方競馬の騎手がG1である程度の人気の馬に騎乗するとかなりの確率で連対します。
それには彼らの経験のせいもあります。そして馬自体に力があるのかもしれません。

しかし彼らのレースでの位置取りが上手いのにも注目です。
パターンとしてはゲートを出て3~7番手くらいにつけてあっさりと勝ちます。
勝つときはあっさりと勝つように見えます。
しかしスパートするタイミング、抜け出す技術はすごいものがあります。
元地方騎手を狙って馬券を購入してもおもしろいかもしれません。

京都競馬場

京都競馬場は、京都府京都市の伏見区にあります。
最寄り駅が京阪電鉄淀駅であることから京都競馬場を淀と言われることもあります。

コースの特徴は2つあります。
1つは芝コースの内回りコースと外回りコースからなるコース構成となっている所です。
この2つは、3コーナーで二股に別れ、4コーナーで合流する形になっています。
そしてもう1つの特徴は3コーナーの坂です。
外回りコースでは坂の高低差は4.3m、内回りコースでは坂の高低差3.1mもあります。
この坂は向正面終わりから3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下る形になります。
かつては淀の坂はゆっくり下るというのが鉄則と言われてきました。
最近では坂をゆっくり上がり、坂の下で勢いをつけて直線に向く戦法がよくとられてます。

ダートコースは1周1,608mと東京競馬場に次ぐ大きさとなります。
しかし、直線の長さは329mと阪神競馬場や新潟競馬場より短いです。
そして芝コースと同様にダートコースにも3コーナーには坂があるのが特徴です。

芝コースとダートコース共に直線に坂がないのも特徴です。
京都競馬場で行われる主な競走として、春の天皇賞があります。
そして牡馬クラシック三冠レースの最後の1つとして有名な菊花賞Jp1があります。
春の天皇賞と菊花賞の距離はは3,000m以上となっています。
この2レースは3,000m以上で行われる唯一のG1、Jp1競走として有名です。

1  2  3

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】