競馬場から予想

笠松競馬場

笠松競馬場といえばオグリキャップを連想される方も多いのではないでしょうか。
オグリキャップはデビューからスターホースではありませんでした。
デビュー戦も勝っていません。
しかしそのデビュー戦の距離はダートで800mという短距離でした。
その後2連勝した後もまた敗北しています。

しかしそこからは8連勝をなしとげついには笠松競馬場から中央競馬に移籍します。
ちなみにその8連勝のうち7勝は安藤勝巳騎手が騎乗していました。
中央競馬に移籍してからは6連勝をし、合計13連勝を成し遂げます。
その後は天皇賞、ジャパンカップと負けます。
そしてついに1988年の有馬記念で念願のG1を勝ちます。
この1988年の活躍は日本中で注目されていました。

翌年の1989年は春シーズンを全休します。
1989年の秋はマイルチャンピオンシップG1を勝ちます。
しかし天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念を勝ちきれませんでした。
結果は1勝でしたがこの秋はすべて名勝負でした。

翌1990年は安田記念を勝ちますが、秋からは2着すら難しい内容がつづきました。
しかしラストランとなる有馬記念を制して引退しました。
この1991年の有馬記念は多くの人が感動したレースとして有名です。

後に笠松時代の主戦の安藤勝巳騎手も笠松競馬場から中央競馬に移籍し活躍します。
時代が違えば安藤勝巳騎手、オグリキャップの笠松コンビが活躍したかもしれません。
そして海外のビッグレースでも勝つことができたかもしれません。

名古屋競馬場

名古屋競馬場は、愛知県名古屋市港区にある地方競馬場です。
ドンコという愛称でも、親しまれている競馬場です。
坂がなく直線が短い競馬場としても知られています。

名古屋競馬場といえば、女性騎手の宮下瞳騎手が所属してることでも有名です。
宮下瞳騎手は日本で女性最多勝利騎手です。
そして現在も、宮下瞳騎手は女性騎手最多勝利数記録を更新中です。

名古屋記念の主な競走に名古屋グランプリJpn2、距離2500mがあります。
名古屋グランプリは、名古屋競馬場で行われる競走で一番グレードの高いレースです。
また2500mという距離はダートグレート競走の中で最長距離です。
過去の優勝馬には現在G1最多勝利馬のヴァーミリアンがいます。
ヴァーミリアンは最初は芝のレースを中心に使われていました。
2歳時にはラジオたんぱ杯を勝ちクラッシクを有望視されていました。

後にG1最多勝利馬のとなりますが3歳時からは芝で重賞を勝つことはありませんでした。
同じ世代にディープインパクト、カネヒキリがいたからです。
その当時はディープインパクトは芝のG1を連勝してました。
そしてカネヒキリはダートのレースで活躍中でした。

そこでヴァーミリアンは活躍の場を求め3歳の秋から地方のレースに出ることになります。
4歳時に地方の重賞で着実に成績を残し、名古屋記念では圧倒的な支持を集めます。
そしてレースでは人気に応えて圧勝します。
ここまで支持されて名古屋グランプリを勝った馬はいないかもいしれません。

中京競馬場

中京競馬場で行われる主な競走に高松宮記念があります。
高松宮記念は呼ばれ方が様々です。
高松宮、宮記念など呼ばれることもあります。

高松宮記念は1996年に距離を1200mに短縮され、G1に昇格しました。
これは秋のスプリンターズステークスとならぶ短距離最強馬決定戦です。
そして中京競馬場ではじめてのG!競走が行われることになりました。
東京競馬場、中山競馬場、京都競馬場、阪神競馬場以外でG1が行われるのも初めてでした。

高松宮記念は逃げ切り、先行が難しいレースです。
過去14年間で2回だけしか逃げ切った馬はいません。
中京競馬場の直線が短く坂がないためかもしれません。
予想するうえでこのことは重要です。

高松宮記念では5歳馬が多く優勝しています。
過去10で5歳が7勝、6歳が2勝、4歳が1勝しています。
そして1,200mになってから連覇した馬がいないのも特徴です。
以上のことから高松宮記念を予想する場合、5歳の追い込み馬を中心に注目です。

つづいて高松宮記念の優勝騎手に注目してみます。
過去10年で優勝を2回している騎手がいます。
武豊騎手、藤田伸二騎手、柴田喜臣騎手です。
3人とも日本競馬界ではキァリアもある有名な騎手である。
この3騎手が勝った6頭の馬の成績をみてみます。
ローレルゲレイロを除いて、スプリントにはあまり出走していなかった傾向があります。
こういった距離を短縮して名手で勝っていくパターンが多いのにも要注意です。

大井競馬場

大井競馬場は、東京品川区にあり、「シティ競馬」という愛称で呼ばれています。
この競馬場は地方競馬のための競馬場で、管理者は東京競馬株式会社です。
競馬の主催者は、特別区競馬組合です。

大井競馬場ては、ナイター競馬としてトゥインクルレースが行われています。
またスタンドには、競馬を見ながら食事ができるレストランも設けられています。
そのため仕事帰りでも、カップルでも競馬を楽しむことができます。

大井競馬場の競走では、中央競馬の馬券にはない枠番連単もあります。
予想の面でも中央競馬とは違う楽しみ方ができます。

主な競走として、帝王賞と東京大賞典があります。
この2競走は地方競馬の競走の中でも上位に位置しています。
東京大賞典は、中央競馬の競走馬も毎年参戦します。
今では有馬記念とならぶ年末のイベントとして競馬ファンに知られています。
過去の優勝馬にはドバイワールドカップにも参戦しています。
ダート競走の中でも注目度の高いレースです。

1999年からの10年で中央競馬所属の優勝が6回とやや優勢です。
東京大賞典の2000mは4コーナー出口付近からのスタートです。
それにより1コーナーまでの有利不利があまりないレースとなっています。
そして最後の直線も386メートルもあり、見ごたえ十分なレースです。
過去10回のうち1番人気が3勝、2番人気が2勝、3番人気が3勝となっています。
1~4番人気以内で1、2着となった結果も6回あります。
それゆえ人気馬が信頼できる結果を残す傾向があると言えます。

船橋競馬場

船橋競馬場は、船橋市にある地方競馬の競馬場です。
川崎競馬場や大井競馬場と違いナイター競馬は行われていません。

コースの特徴としては、コーナーの前半はゆるく後半はきついスパイラルカーブです。
船橋競馬場は中央競馬では発売されていない枠番連単を発売しているのも特徴です。

主な競走として日本テレビ盃とかしわ記念があります。
かしわ記念は船橋競馬場で最初のG1にとなりました。
G1となったので、地方競馬の春のダートマイル王決定戦となりました。
かしわ記念の1、2着馬の地方馬には、帝王賞の優先出走権が与えられます。

そして、もう一方の日本テレビ盃は現在Jpn2です。
しかし、かしわ記念以上に注目されることもあります。
日本テレビ盃はJBC、マイルチャンピョンシップ南部杯の前哨戦の位置づけです。
それ以外にも、ジャパンカップダートの前哨戦として位置付けられているからです。
2002年以降は、優勝馬にはJBCクラシックの優先出走権が与えられています。
しかし2007年は、馬インフルエンザの影響により優先出走権は発生しませんでした。

日本テレビ盃の過去の優勝馬でもっとも有名なのは、アグネスデジタルです。
アグネスデジタルはその後盛岡競馬場のマイルチャンピョンシップ南部杯も勝ちました。
その後は、芝の秋の天皇賞、香港競馬場で行われた香港カップでも優勝しました。
アグネスデジタルは、国内外、芝とダートを問わずに引退まで活躍しました。

<前の5記事 1  2  3

本気で勝ちたい人向け!競馬予想サイト!

当サイト一押しの「本気で勝ちたい人」におすすめの競馬予想サイト!

競馬予想

脅威の的中率で確実に勝ちたいなら‥

あなたは競馬をギャンブルだと考えていませんか?競馬というのはデータを収集すれば「勝ち馬」を予想できます。 「競馬応援サイトファーム」の驚異のデータ力から生み出される的中率は実績が全てを物語っています。

【 ⇒競馬は投資!「競馬応援サイトファーム」はコチラ 】


競馬予想

三連単の的中率は抜群!一攫千金を狙え!

万馬券を狙うなら「勝馬DX」で決まり、と言われているほど競馬マニアたちの間では有名な情報サイトです。 最新的中結果を見れば、すぐに納得してもらえるでしょう。結果が全てを物語る!

【 ⇒万馬券を狙うなら!「勝馬DX」はコチラ! 】


競馬予想

万馬券の「買い目」情報を無料提供中!

「みんなの予想」は競馬予想のプロも自分の予想と併用して使っているサイトとして密かに有名! 三連単の当たり具合は日本でトップの競馬予想会社!一発大儲けを狙うのならココで決まりです。

【 ⇒一攫千金!「みんなの予想」はコチラ! 】