東京新聞杯

第61回東京新聞杯予想

今週最後の重賞レースは、東京競馬場で行われる東京新聞杯ですね。
こちらも今年は稀に見る好メンバーで、注目すべき1鞍となりそうですね。

では予想に入りたいと思います。
まず人気ですが、近年は2ケタ人気馬が多く激走しているレースなんですよね。
なので、人気薄の馬でも、条件さえ整えば果敢に狙いってみたいレースでもありますね。

続いて展開ですが、これは先行馬か差し馬が有力だと思います。
ただ、一緒に来るケースが少なく、どちらかの脚質だけで決まってしまうことも多いので、これは頭に入れておきたいですね。

では血統ですが、こちらもサンデーサイレンスという血はなかなか外しにくいですね。
特に、母父としても好走馬を出しているだけに、これはかなり重要と見ます。
また、当レースは上がりがかなり速くないと厳しいレースで、33秒前半で上がれないとダメなレースなんですよね。
ということからもキレは絶対ですし、サンデーサイレンスの血も必須となってくるのでしょう。
加えれば、パワーも必要で、米国的な後押しもあればなおいいですね。

さて理想バランスですが、2・4・4・4で設定しました。
例年もGIレベルの馬が好走しているレースでもあるのですが、今年も好メンバーということで、高いバランスが求められますね。

では今年のメンバーでバランスがピッタリの馬なんですが、リクエストソング2・4・4・4、ダノンヨーヨー2・4・4・4の2頭ですね。
もちろんこの2頭は買うのですが、さすがに実績面から本命はダノンヨーヨーでしょうか。
血統もダンスインザダーク×フォーティナイナーという配合で、サンデーサイレンスの血も持っていますし、母方の米国的な血統も評価できますね。
上がりも速いタイプの馬ですし、3着以内は大丈夫じゃないでしょうか。

リクエストソングはシンボリクリスエス×トニービンという配合の馬なんですが、これも決して悪くはないですね。
ただ、サンデーサイレンスの血がないので上がりが少し気になりますね。
しかし内枠は絶対に有利ですし、展開次第では・・・という感じですね。

さて馬券はさすがにダノンヨーヨーは人気になので複勝は買えませんね。
なので、複勝としてはリクエストソングが本線となるのですが、ワイドではヒモにバランスを満たす馬でなおかつ上がりの満たす、ゴールスキー2・4・4・5、キャプテンベガ2・4・4・5を加えて3頭へ流してみたいですね。
また、人気馬ということで、ゴールスキーとは2頭軸にして3連複の2点も買ってみたいですね。

キャプテンベガについては過去にも好走しているため、複勝も面白そうです。

あまり点数が多くなってしまっても困るので、これくらいにしておきますが、軸は堅くヒモ荒れをという感じで見てみたいですね。
春のGI戦に向けても注目しておきたいですね。